会津地域
方言 意味 用例
ア行  
あーだごど あんなこと あーだごど嘘だ
あい はい(返事) 「湯さ入れよ」「あい」
あいばへぇー(しぇー) 行きなさい、おいでなさい 学校さあいばへぇー
あいばんしょ 行きましょう あっきゃあいばんしょ(あっちへ行きましょう)
あい(え)べ 行こう おら家さあいべ
あぇれすぐなぇ 愛らしくない あえれすぐなぇごと言うな
あおのげ 仰向け 鼻血出だからあおのげに寝せどげ
あかいも 馬鈴薯(赤芋) あかいもゆでろ
あがす 燈灯 あがすがけぇだぞ(消えたよ)
あがっこ 赤ん坊 あがっこ、うぶえよ(赤んぼをおんぶしなよ)
あがっしゃえ お食べなさい じんぎしねであがっせい(遠慮しないで食べなさい)
あがっせい お入り下さい これあがっせい、ここさあがっせい
あかなす トマト(植物) ありぁ、あかなすなったや
あがらはんねぇが お食べになりませんか ごんぼっ葉餅あがらはんねぇか
あがりかまち 縁側 あがりかまちに置いてくんつぇ
あがんぼ 赤ん坊 ほれ、あがんぼ泣いでんでねぇがよ
あぎび あけび 山さ、あぎび取りに行かねがよ
あぐき あご あぐきがはれて痛くてしょうね
あくたれ いたずら ほだあくたれ言うでねえ
あすばねーか 遊ばないか 君ちゃあすばねーか、(君ちゃん遊ばないか)
あっか 有るか(疑問語) おめえの家に荷車あっか
あっかす ありますか 米あっかす(あっかせとも言う)
あっきゃー あらー、おやー あっきゃーたまげたごと(驚いたこと)
あずく あそこ(彼処) あずくさ行ぐど蛇いっつお(蛇がいるよ)
あったけえ 暖かい 藁小屋はあったけぇぞ
あったらもんだ 懐かしい なんべあったらもんだら(どんなに懐かしいことか)
あっところ ある所 あっところに山があったどさ
あっぱ 動物の親 この鳥のあっぱはどうした
あどががぁ 後妻 あれは、あどかがぁだ
あとかさま 同(あとめ) いいあとかかさまだな
あとっつぁま 神様 あとっつぁまはそまづになんねぇ
あとと(あとうと) おめさまでもあとと飼ったがい
あなこ 穴(コは接尾語) この銭にあなこあいでんな
あなっぽ あそこにあなっぽあっから気つけろ
あに 婿(むこ) (姑が娘の婿を呼ぶ語)
あにや 兄(あんにゃ) あにやいたがい
あね (姑が息子の嫁を呼ぶ語)
あねこ 若い女子、娘 いいあねこだな
あねご あねご行ってくっかんなし
あねさ 兄嫁 (兄嫁を弟妹が呼ぶ語)
あねさま 年ごろの娘 あねさまも嫁になっかい(嫁に行くのか)
あねつぁ 姉さん あねっちゃ(会)
あばげる ふざける (あばせる)あんまりあばせるな
あますずく 雨雫下 あますずくたっから(垂る)こっちへ入れ
あまや 納屋 そのまきはあまやに持っていげ
あらあいよ 洗いなさいよ あんまよごさんうち、あらあいよ
あらぐ(く) 余程(大分) あらぐ、ずなぐなったなぁー(よほど大きくなったね)
あらね 霰(あられ) うわぁ、あらね降ってきたぞ
ありっこ (ありご)ありっこいたぞ
ありゃしんにぇー ありません どこにもありゃしんにぇー
ありゃしたり あらまあ(驚く) (ありわしたり)とも言う
あわぶく 泡(ああぶく) かにがあわぶくだしてるぞ
あんかん 行火(あんか) 寒いからあんかんだいて寝っぺ
あんぎゃさ 兄さん あんぎゃさも行くがし
あんさ あんさに聞いて見ろよ
あんさま 若主人 (南会津では村の有志に限る)
あんちゃ 息子、兄さん おめはどこのあんちゃだ
あんちゃん 兄さん、息子 あんつぁ、あんつぁま、あんにゃ、あんにゃさん、とも言う
あんめした あるまいよ そんな馬鹿にしたことあんめした
いあぇづ 会津(地名) あんたはいあぇづの生まれだべ
いいやれる 叱られる そだごとすっとおやじにいいやれるぞ
いがはんねえか おいでになりませんか (敬語)PTAに行かはんねぇか
いぎなしに 行く途中に 隣村にいぎしなに寄ってってくんにがい
いしゃした 居られました 学校に先生がいしゃした
いがだん 居ましたか(いたげぇ) 山田のおんちゃんいだがん
いっこ 猫柳(植物) (いっころころとも言う)(中道り)
いっこ おらえにもいっこいっつお(僕の家にも犬がいるよ)
いっちょう たびたび、何時も おらもそごへはいっちょう行った
いってえ 一体 いってえどうしたっつうんだ
いってみべぇ 行ってみよう そんじゃ俺も行ってみべぇ
いてる 寒い きょうはとてもいてるない
いっぷくしらんしょ 休んでください つかれたべ、まあいっぷくしらんしょ
いどっち ゆき道の落とし穴 そんなどこにいどっちこさえておいてなんねぇ
いなさ 南風 もういなさ吹くようになったな
いばり 寝小便 またこいづはいばりしたのがい
いよ 魚(子供の言葉) いよつりに行くべ
い(え)らっしゃる 日が暮れる もういらっしゃる頃だ(いらはった)
いりのざしき 奥の間 いりのざしきに案内しな
いるんし いますよ おとっつぁんいるんし
いろいぼ にきび いろいぼ出たな
いろご ふけ 頭いろごだらけだぞい
いぎゃんした 行きました、帰りました たった今いぎゃんした(いぎやったともいう)
いんげ(いんぎゃれ) 行け 仕事さ早くいんげ
いんことあっか 行くことはない ほんなどごさいんことあっか
いんべて 行こうよ 学校さ早くいんべて
うごいす うぐいす(鶯) あや、うごいすがないてるぞお
うんざれる 腐れる おや、これはうんざれるぞ
うじゃらける ただれる この傷はうじゃらけるぞ
うずくす 美しい あの花はうずくすな
うたげ 民謡が上手で雇われる人 お祭りのうたげに頼まれたんだ
うっしょ あんだのうっしょにかくれてる
うっちける 乗る 馬車の上さうっちける
うっちゃっておけ 投げすてておけ そだことうっちゃっておけ
うぬ おまえ (うの)(うのら)とも言う
うめっこ ほら、うめっこ飲ませでやれや
うわっぱり 上着 寒いからうわっぱり着てげ(着て行け)
うんこ 大便 うら(便所)さいってうんこたれろ
うんぞくなし 馬鹿、意気地なし このうんぞくなしめ
え(えー) おらえさえーべ(私の家に行きましょう)
えぁばんしょ おいでなさい おらえさえぁばんしょ(同)
えぃべした よいでしょう まあえぃべした(えがんべ)
えがんにゃえ 行かれない 家の都合でえがんにゃえ
えっきびた 良い気味だ 見ろえっきびだ(にくたらしい者が、悪いことにあったときなど言う)
えでる 寒じる とてもえでる日だ
えびたれ 寝小便 あの婆さまはえびれたればかりしている
えーべん 良いでしょう 行がなんってえーべん
えましごろ 今頃 えましごろなんしぁ来んだべ
えるみでだ 居るようだ 何だがえるみでだ
えんがみた ひどい目にあった この仕事でえんがみたわい
えんでけやれ お出でください おら家さえんでけやれ
えんぶり 田植に田を平らにする棒 えんぶりの棒もってこい
おあいなんしょ 食べなさい さあさあ、おあいなんしょ(敬語)
おあがんなんしょ お寄りなさい どうぞおあがんなんしょ(敬語)
おいなしぼ 臆病者 おいなしぼ、一人で行かんにのか
おあし おあしは大事にしろよ
おか(や) お母さん おかー、おが、おがか、おかさ、おがちゃ
おかか(た) 妻、母 あれは太郎兵衛のおかかだべ
おかえ おかゆ(粥) おかえねえだから食べろ(煮えたから食べなさい)
おがした お置きになった それ先生さまがおがした本だ(敬語)
おがっつぁま 主婦、奥さん おがっつぁま凍豆腐買ってくんにゃ
おっかね 恐しい おら、おっかねえなぁ(私、なんだか、恐ろしいな)
おきむぐり 起き立てに 昨日はおきむぐりに仕事さ行った
おけっこ 小さい桶 (おけこ)そのおけっこ持って来い
おおごとした 残念なことした 銭ほろっておおごとした(銭を落として残念なことをした)
おごわ 赤飯 おごわ持ってがんしょ
おざった お出でになさった おば様がおざった
おざりやす ございます 病気のあんべえはどうでおざりやすか
おさんせん お賽銭 お詣りのおさいせん忘れんなよ
おそふき ゆきに用いる藁靴 (おそぼ)とも言う
おだち ごちそうを強いること おだちしてやっから(無理に差上げますから)
おだっちゃ 折れた この木おだっちゃ(おだる)
おちる 降りる (「おりる」が落ちるになまっている)
おぢる 落ちる 梅の実がおぢるぞ
おじんつぁ おぢいさん (おぢんつぁま)来たぞい
おっかぐ 割る 下駄の前歯おっかいだな
おっかさ お母さん (おっかちゃ)(おっかやん)
おっかねえ 恐ろしい 先生におっかね話聞かさっちゃ
おつけ お汁(おづけ) ご飯におつけかけて食う
おっける 置く ここに本おっける
おっこむ とりこむ 雨んなっから布団おっこめよ
おっこわす 壊す 花瓶をおっこわした
おっぱぐれる 連れに離れる お祭りに行っておっちゃにおっぱぐれた
おっぽろぐ 紛失する、落とす 大事な財布おっぽろぐやつあっか
おてらさま 和尚さん きょうは彼岸だからおてらさま来るぞ
おどがぁい あご(おどけ) (おどけ)あり、おどけがはずれた
おどっつぁ お父さん (おど(と)つぁん)(おとっちゃあ)(おとっちゃん)
おなごいそおろお 女中 おなごいそおろおを頼みもうす
おーね 始めから、もとから おーねわりーだ(もとから悪いんだ)
おばぴでー 馬鹿女郎 このおばぴでー
おはようがす お早うございます (おはようがんす)(おはようごす)とも言う
おびあき 二十一日目の出産祝 (帯明)きょうはおびあきだ
おべた 覚えた 俺ぁおべたが、にしゃおべたが(おまえは覚えたか)
おべんちゃ 多弁、へつらい そだ、おべんちゃら言うんでねえ
おぼこ まり おぼこつきしねか
おぼこ 赤ん坊 ほんとにめごいおぼこだなイ(可愛い赤ん坊ですね)
おめぇー 本宅(母屋) おめぇーさ行くべ
おめえり 参拝 お礼におめえりしなくてなんめえ
おやがっつぁま 庄屋さま この人は俺の村のおやがっつぁまだぞ
おらはあ 私はもう おらはあぶったまげっちまった
おりっせー 下りなさい 二階からおりっせー
おれ おれの産まれは会津だぁ
おわずらい 日蝕月蝕 あしたはおわずらいだ
おんじねー 私でない そんなことおんじねー
おんつぁれる 叱られる おんつぁんにおんつぁれるぞ
おんづくなし いくじなし このおんづくなしめ
カ行  
かァながし 溺死者 (かぁながれ)俺かァながれ見て来た
かかりご 後継者、相続人 こいつは俺ら家のかかりごだい
かくまき 外出の時の毛布 寒えがらかくまきしろよ
かさつぶ かたつむり かさつぶとったぞ
かしっぽ あばた こら、かしっぽ野郎
かっこわり 恥ずかしい 本家さ行くのはかっこわり
かたで とても そいつぁかたで悪い奴だ
かっぽじぐる 掘る ほだに炉端かっぽじぐんな
かなっくーり つらら かなっくーりさがったあ
がなる どなる うんとがなってみろ
かの 山を焼いて開墾した畑 かのに早く蕎麦まけ
かばねやみ 骨惜しみ 全くかばねやみだ
かぶちゃ 南瓜 (かぼちゃ)うわぁ、でかいかぶちゃだごど
かまど 一戸一人出る村の仕事 あしたの仕事はかまどでお座んぞやー
かれっぽ 枯葉 かれっぽ拾って来い(かれんぼ)南、北、中
がん ・・・・・ですか、か ほうがん、そいずはよかったなん(ね)
かんがね あご あんまり笑ってかんがねはずした
かんかんぼし 銭のない者 俺はもうかんかんぼしだ
がんこら(ごら) うつろ、洞 (がんころ)とも言う(会)
かんざいら 庇(ひさし) かんざいらつるしとげ(庇につるしておきなさい)
かんぜき 雪の上を歩く木の輪のはき物 (かんじき)かんぜきをはいて行けよ
かんぜんぶし 藁や菅で作った帽子 かんぜんぶしをかぶって行く
きあした 来ました 昨日きあしたよ
ギーギー 魚(小児語) ギーギーいた
きさった 来られた(敬語) 隣村の村長さまきさったぞい
きさんしょ お出でなさい(敬語) たまにはここさもきさんしょ
ぎっさめる 頑張る そんなにぎっさめるもんでねぇ
きーっつ きりぎりす ほれ、きーっつが鳴いてるぞ
きっとしてろ 動くな しばるまできっとしてろよ
きのーのばん 昨晩 きのーのばんだったけな
きびつら いびつ(形がゆがんでいる) この瓶きびつらだ
きめっこしる はにかむ、すねる この子はすぐきめっこしる
ぎゅっぎゅっ じゃんけん ぎゅっぎゅっ(きっつ)会
ぎゅーど 昨年 ぎゅーどはお祭り見さ行ってだな
きらった お出になった 良くきらったなし(きやったとも言う)
ぎんがり 雪のため滑らかになった所 ぎんがり光ってるない
くいごと 炊事 おめらでくいしごとして置けよ
くいやれ 食べてください どうがくいやれ
ぐいら 不意に、急に 車がぐいらと曲がったんだ
くさっぽ おでき、腫れ物 くさっぽ出来たな
くだんねえ くだらない くだんねえことばかり言うな
ぐじな たんぽぽ ほれ、ぐじなが出てるぞ
くっちい いっぱいだ 腹くっちい
くなはんしょ ください くれな(浜)くなんしょ(会、南、中)
くぼのえぇず 蜘蛛の糸 くぼのえぇずはった(くもの糸はった)
くわっせ 食べなさい あんころ餅くわっせ
くんしょうぐさ 田うこぎ(植物)  
けえもの 買物 十日市にけえものさ行くべえよ
けえ 食え ほら、これけえ(食べなさい)
げいに(げぇだ) 多く こだげいに貰って済まねえなし
けぇった 帰った 今けえったぞい
けえーもの 買物 町っちゃ行ってけぇーものしてくっぺ
けえりご おたまじゃくし げえろご、けえろっことも言う
けそけそ 平然と 地震でもけそけそしている
けっぺずる 削りとる 畑の土をけっぺずる
けねい(けね) やらない、くれない そいつはけねいぞい
けろ ください これ、おれにけろや
げんべ 藁の靴(雪ぐつ) きょうはげんべ作りだ(げんべーとも言う)
こうべい 格好、勾配、身のこなし ごえっと(北、南、中、会)ごえら(会、北、浜)とてもあいつのこーべいはいいな
こおのけ(げ) 眉毛 黒いこおのけだごど
こおりゅー こんな、このような こおりゅー大っきい化け物だぞ
ごき 食器 お椀(御器)ごきを片づけろや
こく(こぐ) 言う また生いきこく、嘘こぐと承知しねぞ
こぐ 歩いて川を渡る そこからは川をこぐんだぞ
こけくらって つまらぬ目にあって いや昨日はこけくらって損しちまった
こごらける 糸などがからみ合う 糸がこごらけて取んねえわい
こーだに こんなに あの孫こーだにずなぐ(大きく)なったのかい
こっぺい 出たらめ ほだこっぺいゆうな(そんな出たらめ言うな)
こでしっり いっぱい、たくさん こでっしりましらった(一ぱい食べた)
こどのさま 蚕さま (蚕殿様)会、中、ごどん(蚕殿)北 こどんさま(南、中、北)
こねぁろ この野郎(卑語) こねぁろ何だ馬鹿にすんな
このびたぇ この女(卑語) このびたぇなんちばかだらぁ(なんという馬鹿だろう)
こば 手足の甲 足のこばがくすぐってえ(かゆい)
こびり(びる) 間食(小昼) こびりにすんべ
こぶしもち 拳骨(げんこつ) こぶしもちくれるぞ
ごまんと 沢山 そんな石ごまんとあるぞ
こんこんぜみ 日ぐらし蝉 こんこんぜみ鳴きだしたぞ
こんじくたま 沢山 (こんずくたま)ともいう。 こんじくたま儒けた
こんたら こんな こんたらうまぐねえの食われっかぁ
こんだら これなら こんだらいいべ
ごんば 馬鹿 あいつはごんばやろだ
サ行  
ざい(ぜい) あつくざいが張ったべ
さいさい 度々 さいさいご馳走にばりなります
さえづつ 槌(つち) 早くさえづつ持って来う
さきおどでな 一昨昨日 さきおとどい(北、中、会)さきおどでな会ったべ
さぎっぽ 先端 柿の木のさぎっぽをもぎった
さまど 勝手の開き戸 さまどよく締めろよ
さんがえし 竹馬 (さんぎぁー)(さんげぁす)とも言う
ざんぶごんぶ 浮いたり沈んだり まりがざんぶごんぶながれていった
でんまいしる 遠慮する ざんまいしてくんちぇ(遠慮してください)
・・・・・よ  ・・・・・ね そうだし(そうですよ)どうだし(どうですね)
しーこ 小便(幼児語) しーし(県内)、しいこ(北、中)
しぃんしぃ 先生 おらの組のしぃんしぃええしぃんしぃ
しぇー ・・・・・なさい こまねぎ買っしぇー(買いなさい)
じぇに じぇね(北)じぇんじぇ(会、中、北)
しおい 農作物の慈雨 きょうはいいしおいだった
しが つらら 花のようになる樹木の霜を言う(会津)
じごくそば どくだみ(植物) じごくそばくせえな(くさいな)
じこねる 意地悪く戯れる じこねる子はかまねぞ
しじみっけぇー しじみ貝 しじみっけぇーいらねがい
したがら それだから したがらやめろちゅーだぁ(それだからやめろと言うのだ)
したじ したじをかけろ
しっしょねぇ 仕方がない そいずもしっしょねえべで
しっせぇ しなさい 仕事をはやくしっせぇ
しなた あなたさま しなた、どごさいってきやったや
しなだま お手玉(砂玉) しなだま取りしねか
じなる どなる 大きな声でじなっている
しななんね しなければならない どうしてもこの仕事はしななんね
しねえでくなんしょ しないでください 心配しねぇでくなんしょ
じねーんと 静かに、自然と それはじねーんと温めろ
しびったれ けち、おく病 しびたり(北、会)しびたれ(北、中)しぶたれ(北)しぶたれ野郎め
しゃがまんしょ 座りなさい こごさしゃがまんしょ
じゃがらいも じゃがたらいもの略 こんばんはじゃがらいものごっつおだ
じゃじゃんぼ 葬儀 じゃじゃんぼが通るぞ じゃらんぼとも言う(中、浜、会)
しゃっていなし 考えなし しゃっていなしだから失敗すんだ(するのだ)
じょーり 草履(ぞうり) じょーりはいて行けよ(じょんじょともいう)(南、会)
じょーんだ 上手だ お前の踊りはじょーんだじょーんだ
じんちゃ じいさん じんちゃに聞いてみろ
しんぺぇ 心配 しんぺいしっこどねえで(することないよ)
しんまに 直ぐに しんまに帰って来っからな
ずー よ、ぞ そうだこと嘘だずー(嘘だよ)
すいがら それから すいがらどうした
すいしろ 風呂(据風呂) すいっしょ(浜、北)すぇひよ(会、南)
すうぐり(すぐり) 氷柱、つらら 屋根にすうぐり下がった
ずうたい 図体、体、なり 大きいずうたいしてなんてざまだ
ずうばこ 重箱 ずうばこ持って遊びさ行け
すかな すかんぼ、すいぼ すかな取りに行かねか
すってんぺん 頂上 山のすってんぺんに雪がある
すっぽそで 筒袖 すっぽそでよく似合うない
すないも 馬鈴薯 家のすないもはうめえなぁ
ずねいな 大きな 裏のかぼちゃはほんにずねいな
すわる 反対する 何かと言うとおめはすぐすわるやつだ
ずんぼー 大きい棒 ずんぼー持って来い
すんなめる すべる 風呂場ですんなめって痛くした
せぁ さえも 草木せぁも眠る頃んだ
せぇふ 財布 せぇふは大事にしろや
せぇ おかげ 優勝したのはあの人のせえだ
せぇ さえ 大水でせぇ大丈夫(あなたのところに)
せえから それから おめさんさ行ってせえから帰ったんだ
せきど 墓石(せきとー) らんばのせきどさ花あげろ
せせな 台所、流し尻 せせなから水持って来い
せな 兄、年長の男、主人、若い男 せなさ(中)せなさま(北、中)
ぜね 銭(ぜんぜ) 飴買うぜねもって来いよ
せばっち 狭い この家はせばっちない
そうがよ そうですか (感嘆することば)
そうしてがに それから そうしてがに山さ行ったわ
ぞうしょうねい 落ち度がない、利口だ ほんに、あいつはぞうしょうねやっだ
そうだげい そうだけれども そうだげい駄目だ
そだす 損する そだすがら、店の品いじぐんな
そうだべ そうでしょう そうだべ、俺もそう思うんだ
そうだげんじょも(ちょも) そうだけれども それはそうだげんじょも駄目なんだ
そだし そうです とても大きな熊だったそだし
そうだぞえ そうですよ やっぱしわがんねそうだぞえ(やはりわからないそうです)
そだだ そうですよ 大きい石だ、そだだ
そうだない(し) そうですね そうだない、あしたは居っつおい
そうだに(そだに) その様に(そんなに) そうだにいっぱいはいらねえ
そうだもの(こと) そんなもの(こと) そだものおら知んにねぇ
そうだわん そうですよ とてもめんごい子だそうだわん
そっくら 残らず、みな (そっくり)まあだそっくらしてる
ぞっけねぇ もろい、やすい 何だぞっけねむぇ仕事だったなあ
そったこと そんなこと そったこと俺はわかんね
そっつ そちら 危ねからそっつさ行ぐな
そっぱぇもない 味もない この汁はそっぱえもない
そうでおざやよし そうですか ほんとにそうでおざやよし
そでねいぞい そうでないです そでねいぞい、あの人は悪い人ではねえぞい
そでねえぞん そうでないですよ  
そうでやす そうです (敬語)生まれたそうでやす
そうでらったがし そうでしたね (敬語)あんたは役人、そうでらったがし
そね 峰、頂点 まっとそねの方さのぼって行け
そばいこ(そべこ) あまえ子 ばっちはそばいこでしょうがねぇ
そべーる あまえる (末の子はあまえ子で困るな)
そうゆっけぞ そう言いましたよ (昨日)きんの行って来ってそうゆっけぞ
そればっか そればかり  
それほっか それだけしか それはそれほっか無いのかい
そんじも それでも そんじもぜえからくれろ
そんじゃ それでは そんじゃ一緒に行くべ
そんじゃらば それならば そんじゃらば、買ってくれっぺ(くれよう)
ぞんぜい 不注意 おめはぞんぜいだか失敗するだわ
そんつらこと そんなこと そんつらことでお前はどうする
そんつらもの そんなもの そんつらものいんねから持って行け
タ行  
たがく 持ちあげる ほら、ほっちの方だがくんだ
だがさる 抱かれる 赤ん坊がばっぱにだかさる
たかり ○○人の意味 貧乏たかり、欲たかり、臆病たかり
たすけ 猿袴 たすけを忘れんなよ
たたきおちる 強く落ちる 木からたたきおっちゃ
たちぶるめ 旅立ちのときのごちそう たちぶるめ食べてくなんしょ
たっこ 木を切った跡 たっこに上がって遊んでる
だったい(てい) 案外、散々 だったいそくねた(案外失敗した)
たっちぇも 誰でも そんなことはたっちぇもわがる(誰でもわかる)
だってー 案外 今年の米はだってーとれね
たてあげ 小作米 たてあげを持って行く
だべし でしょう そうだべし(べす)
だめだぞい 駄目ですよ そんなことはだめだぞい
だめで だ、などと 三郎は大将になるんだめで言ってる
たゆーさま 神主さま あのたゆーさまもこ(婿)さまだと
だら ○○なら あの人んどこだら嫁に行ってもいい
たんかい 烏貝(田貝) たんかいいっぺえとってきた
たんがら 背負いかご たんがらかついで来うよ
たんねる 尋ねる こんとたんねて行くがら
だんべい ○○○だろう 誰でもいやだんべぃ
たんぼ 主人、君 たんぼさん居っかい
たんまげる 驚いた おお、たんまげだもんだ
ちゃもらえ 後妻(茶貰い) あの女はちゃもらえだ
ちかも(ちがも) 家鴨(あひる) ちがもずんなくなったべ(大きくなったでしょう)
じぐねる ふざける この子はすぐにじくねる
ちちゃこい 小さい ちーちゃこい(浜、中、北)ちっきい(会、中)
ちっくらきぇー 小さい ちっくらきぇ魚だなぁ
ちっちぇいぐ 連れて行く お祭りにちっちぇいぐぞ
ちゃっぷ(ほ) 帽子 暑いがらちゃっぷかぶれよ
ちゃっぽ 風呂(幼児語) ばばちゃんとちゃっぽにはいれよ
ちゅう ○○と言う あれは太吉ちゅう悪いやつだ
ちょけーはえー すばやい 全くちょけーはえー野郎だな
ちょっこちょっこ 時々 ちょっこちょっこ遊びに来なよ
ちょんこまげ ちょんまげ ちょんこまげの爺さんが居るぞ
ちょーんたらい 洗面たらい ちょーんたらい持って来う
ちょーんてぬげ 洗面手拭 ちょーんてぬげでふげよ
ちんけ ぼんのくぼ毛 この子のちんけを残してやっぺぇ
ちんちぇ 小さい ちんちぇ奴だな
じんつぁ(ま) お爺さん じんつぁ来らっしぇ(おいでなさい)
ちんと 少し ちんとわけてくれ
ちんぽけ 小さいこと あの木はちんぽけだな
つぁあ お父さん つぁあ今行くぞ
つぎもの 針仕事 きょう一日のつぎものをした
づきんこ 頭巾 づきんこかぶって寺詣り。つぎんぼ(北、中)
つそ(ちそ) 紫蘇(植物) つそがよく漬いたぞ
づっきに 直ぐに づっきに帰ってくっからな
つっころ 土塊 つつころをどけろ(つちころをどけなさい)
つっつく 突くこと そこ突っつくと水が出んぞ
つっぱいる 落ちこむ (つっぺいる)河の中さつっぺった
ずーな 言うな そんなことずーなど(言うなよ)
つーばがみ 障子紙 障子張るからつーばがみ持って来い
つぶかさ かたつむり つぶかさいっぺぇとったぞ
つぼ 鳥の餌 鳥につぼやれよ
つぼや 庭園(坪前) つぼやに花植えた
つぼやま 庭園(坪山) つぼやま見に行くべ
つめきり 松葉牡丹 つめきりの花いっぱい咲いた
づんつぁ 爺さん づんつぁ居たがし
つんずさま 鎮守さま きょうはつんずさまのお祭りだ
づんぐり 独楽(こま) づんぐり持って遊びに来な
ずんない(ずない) 大きい づんねえ(中、会、浜、北)
つんのめす 突き転ばす ちっちゃい子をつんのめす
ていこ 太鼓 祭りのていこをひっぱたぐがな
でぃふでい でまかせ あんまりでぃふでいこくな
でぇーどこ 台所 でぇーでこにねずみが出た
でぇーぶ 大分 その話はでぇーぶ前のことだ
でかい(でがい) 大きい(でっかい) ほんとにでかい芋だなあ
でがさない(ねえ) きまり悪い、具会が悪い あの人に逢うのはちっとでがさないな
でくのぼう ぼんやりもの あれはでくのぼうで役に立たね
でくひく 凸凹(でこぼこ) 地面のでくひくもあっぺしょ(凸凹もあるからね)
でげえ 大きい とてもでげえ狐だったぞ
でこ(さま) 人形 でこ作ってやっから泣くな
でこすけ おろかもの 全くおめさんはでこすけだな
でさした 出られた 三日月さまがでさしたよ
てざずらしい 煩わしい (てそずらしい)全くこの子はてさずらしい
てじま 手品 (てずま)きょうのてじまは面白い
てしょう 小皿(手塩皿) おてしょうに取れよ
でた(でだ) 出来た 隣で赤ん坊が出た
てっけん 最初、全然 てっけんでから面白くない
てっこ てっこさ上がれ
てっこ 手(幼児語) てっこ出して見ろ
でっちがる 腰を下ろす そこにでっちがって居ろ
てっぽ 筒袖 てっぽの着物着せらっちゃ
てどり 鉄瓶 てどり自在がぎにかけろ
てば ・・・てば  と言うのに いやだってば いやだ
でんきんばしら 電信柱 でんきんばしらにせみとまった
てんげい 手拭 ずいぶんきたねてんげいだない
てんこもり 山もり、一杯 てんこもりの飯たべた(てっこもり)
てんとさま お日さま てんとさまのある中歩くべ
てんぽー テン(動物) 夕べな、てんぽーつかまえたぞ
と、ぞ そいづどこいず(それとこれ)どどっち良い
どおじぇ 道理 ご祝儀かい(結婚式)どおじぇすまして来たと思った
どおじき ぶらんこ どおじき作ったぞい
とおねっこ 馬の子 とおねっこはめんごいもんな
どうご 道具 畑のどうご片づけろよ
どおみそ 意気地なし この子はどうしてどおみそなんだべ
とおらっせ お通りなさい かまねがらとおらっせい
どけ(げ)ろ 退け、よけてくれ そこどけろよ
どーごい いたどり どーごい取りに行くべ
どこにもかごにも 何処にでも どこにもかごにも花咲いて居るぞ
どさっぱいり 炉の中へ土足で入ること どたっぱいり(北)どたんばいり(南、会)とも言う
どしょーなし 度胸のない者 あいつはほんにどしょーなしだ
どーしんぼ 剛情っぱり(道心坊) にしはどーしんぼだ(おまえは剛情っぱりだ)
とっさま とっさまによく聞いて見ろ
とっくのとおかに とっくに、前々から そだこととっくのとおかに出来てたわい
どっちゃ どこへ どっちゃ行くのがえ(どこへ行くのですか)
どっちゃまく うろたえる 野郎びっくらしてどっちゃまいた
とづく 届く 天井にとづくわい
とっぱぐる し損じる ほだ手つきではとっぱぐるぞ
どていなし 無暗に どていなしやったって出来るもんでねぇ
とでづもない とんでもない そだごととでづもない話だ
どーぶく 綿入れの短い着物 寒いからどーぶく着ろよ
とべつもねえ 途方もない、それは無理だ とべつもねぇ そんな事出来ねいよ
とろんこ トロッコ とろんこに乗っぺ
どんがら いたどり 山さ行ってどんがらとって来たわい
どんきろ なめこ(きのこ) こん晩はどんきろのごっつぉだ(ごちそうです)
とんのけえし 鳥の糞 とんのけえしくっついたぞ
どんぼ とんぼ ほら、どんぼ飛んでんない
とんぽ、とんぼー 便所 しょんべん(小便)はとんぽでやって来う
ナ行  
なかんな 泣くな いい子だからなかんなよ
なこど なこうど なこどさま来たぞい
なしたまね どんなこと 高跳ってなしたまねすんだ(どんなことするのがい)
なじょな どんな なじょな気持ちでいるんだべか
なじょーも なんとも なじょうも仕方がねぇべ
なじょうだが どうだか ほんなごとなじょうだか(そんなことどうだかわからない)
なす 梨の訛り 福島のなすはうまいぞし
なす そうだなす一里もあっぺ(そうですね一里はあるでしょうね)
なす 返す 借りた物は早くなすもんだい
なすろ 苗代 なすろを見て来よ
なだ ほだな話なだーでるごんだー(そんな話聞くと涙がでますよ)
なっし そうだなっし。あのひとは五十位だなっし
なで(こけ) なだれ (なでこけるとも言う)
なまらはんじゃく 未熟 なまらはんじゃくのくせ生意気言うな
なめくじら なめくじ(動物) なめらくじ(会)なめくじらに塩かけろ
なめら シマヘビ (なめらへびとも言う)
なも(敬語) そうだなも(そうでございますね)
ならほど なるほど ならほどその通りだ
なわより 縄ない(縄つくり) 今夜もなわよりやっぺい
なん そうだなん(そうだね)
なんこ 馬肉 なんこはうまいぞ
なんしょ(丁寧) 下さい お休みなんしょ
なんだん 何ですか それはなんだん
なんちゅう(なんつ) 何という なんちゅうひどいやつだ
なんで 何故 なんでそだごどしたんだべ(したんだろうか)
なんべ なるでしょう こんどは一等になんべよ
にさ お前(汝) にさどこさ行くんだ
にしゃ(にし) お前、あなた にし(会、中)にす(北、会)
にわ 土間 それは、にわさ入れて置いてけろ
にょんにょさま 神さま、仏さま (幼児語)にょんにょさま拝めよ
にんぎゃか 賑か にんぎゃかなお祭りだ行ってみろ
ぬかす(卑語) 言う こいつは何ぬかすか
ぬさる 乗る 車にぬさって行けよ
ぬっかんじょ 雪の日の落とし穴 ぬっかんじょさつっぱいった(入っちまった)
ぬへんぼー 愚者 このぬへんぼーめ
ぬるまこい ぬるい この湯はぬるまこいな
ない おれは行がねぞい
ねえ 無い おれ、銭がねえ
ねぇべが ないでしょうか みんなら、そうでねぇべか
ねこのまなぐ 野ぶどう(猫の眼) ねこのまなぐいっぺぇとった
ねづい(ねづこい) 丁寧、熱心、くどい あれの仕事は全くねづい
ねっきょしる 意地悪くいたずらする ねっきょする(悪意地をはる)
ねっこう 元の方、根元 木のねっこう掘っとくもがいんぞい
ねっちょー いたずら 人のねっちょうなどするもんでねー
ねっぱす 糊づける これねっぱしてくんにゃ(ください)(ねっぱつけるも同意)
ねほろげる ねぼける 今にねほろげるぞ
ねゆき(根ゆき) 来春まで消えない雪 ことしはもうねゆきだなぁ
ねらべる にらむ そだに親をねらべるもんでねぇ
ねんねこ 子守りの着る着物 おどっこをねんねこでうぶえ(赤ん坊をねんねこにくるんで背負いなさい)
のがる ぬかるみになる 田んぼ道はのがるなぁ
のさくさ ゆっくり 忙しい時にのさくさ歩くな
のっしょ ・・・のです これはこうなのっしょ(こういうわけなのです)
のっぺー たびたび この子はのっぺー泣いている
のま のまさ入ってなんねぇ
のめしこき なまけ者 こののめしこき野郎
のりもの 塗り物 会津ののりものは丈夫だ
のろけ のろまな物 あいつはのろけものだ
のんみやれ 飲んでください 熱いお茶のんみやれ
ハ行  
はい(え)っとー 他の家に入るときの挨拶 こんにちは、はいっとー
はいも 里芋 それ、はいもがおがったぞ(大きくなったよう)
はかえぐ はかどる 稲刈りが、とてもはがえったな
ばかえに 非常に、馬鹿に きょうはばかえに魚が取れたぞい
はぐた 端切れ、半ぱもの この紙は、はぐただ
はけご 竹かごの一種 はけごさいっぺいとって来う
はこぼこ 白墨(チョーク)の訛り はこぼこひろったぞい
ばさま お祖母さん ばさまはもう寝たがい
はしゃぐ ふざける これ、そだにはしゃぐんでねえ
はせ 稲かけ はせに稲をかけろよ、はで(南、会)
はそんしる 修繕する 破損するが逆に修理にかわったもの(珍しい方言の一つ)
はだつ 始める さぁ、仕事をはだっぺぇ
ばち ハヂ(北、会)バチ(蜂)バゾ(会)
はっけおき 占い者 はっけおきに見て貰うべ
はっこー 早く来い 雨が降っからはっこーよう
はったぎ(げ) 馬鹿 このはったぎ野郎
はっつける なぐる この野郎、はっつけるぞ
ぱっぱ 煙草、きせる ばっちゃんがぱっぱのんでる
はなびちょ 低い鼻 あいつは、はなびちょだ
ばば 糞、大便 ばばして来いよ
はばき 藁でつくったきゃはん はばきはいて山さ行げ
はまる 意気ごむ なんではまっているだべ
ばやえこ(ばやっこ) 奪い合う 子どもとばやえこしんな(するな)
はらきりかんぺい 袋ぐも(腹切勘平) はらきりかんぺい腹切ってみせろ
はんかいこ 頭の衝突 (はんきゃいこ)とも言う
はんきり はんてん(半切) はんきり着てる
はんぎり たらい はんぎりさ湯入れておけ
はんぎり 歯ぎしり 兄は、はんぎりして寝ったぞ
ばんげ 夕方、夜、こんばん あのはんげに火事あったったな
ばんげぇし 鬼ごっこ ばんげぇしやるぞ
はんこすり 髪を半分剃ること あれ、はんこすりでねぇか
はんぞ 足たらい(半挿) 早くはんぞ持ってこよ
はんち 手綱 はんちを取れよ
ばんちゃあ お祖母さん ばんちゃん(北、浜)おばんちゃあ来たぞし
はんな 馬の口なわ 馬にはんなつけろ
ばんば おばあさん ほら、ばんば来たぞ
ひがして 東の方 ひがしてに柿の木がある家
ひーこ あのひーこは強いひーこだ
ひこすげ ごまかし ひこすげすんでねぇでば(ごまかしやるんじゃないというのに)
ひして 一日中 ひしてだけ休むことにしっぺ
ひしてえ 終日 きょうはひしてぇ仕事をした
びた(卑語) 女子 びた(中、浜)びたい(会、中)
びたくら あぐら びたくらかいている
びっき かえる びっきが泳いでいる
びっきっぱ おおばこ(植物) びっきっぱ取りに行こう
ひっこき 兵庫帯 ひっこきを下げている
びっこびっこ 片足飛び びっこびっこしないか
ひづごろ 大頭 あいつはひづごろだ
ひったぐる(ふったぐる) 奪う 他人の物をひったぐるやつがいる
びっちゃこ 泥道 びっちゃこに気をつけろ
ひずったま 魚のひずったま捨てろ
ひづる 子供など泣かせる 大きいくせ子どもをひづるな
ひでい ひどい これぁひでい雪だ
ひとっきり 一旦、しばらく ひとっきり雨もやんだ
ひとめっこ はにかみや ほんに、こいつはひとめっこだ
ひのまるばな 向日葵(日の丸花) ひのまるばなが咲いた
ひはがし カレンダー、柱暦 ひはがしはがせよ
ひぼた 火の子 ひぼたが飛ぶぞ、気をつけろ
ひゃーおる 投げる 石ひゃおーるぞ
ひらかむし げんごろう虫 ひからむしつかんだぞ
ひるご(植物) 野びる ひるごは辛いぞ
ひるまっから 昼すぎ ひるまっから遊びさ行ぐぞ
びれる 甘える そだにびれるでねえ
ひんぜる 進呈する 君にこの本ひんぜる
ひんまげる 曲げる(ひんは強意) あれ、顔ひんまげたぞ
ふぐみ 猿袴(さるっぱかま) ふぐみはいて行け
ぶする 小言をいう ほだにぶするもんでねえ
ぶっつおる 落ちる 木からぶっつおるぞ
ぶっかえる 倒れる 風で板べいがぶっかえった
ぶっくーす 壊す ぶっくすた(会)ぶっくれる(会、南)ぶっくっきゃぁ(会、中、北、)ぶっくっちゃ(会)
ぶっくらしぇる なぐる この野郎ぶっくらしぇるぞ
ぶっこぬく 打ちぬく 隣の堺をぶっこぬけ
ふったくる 端折る よごれっから裾をふったくれ
ぶっちがる 座る そこはお父っつあんがぶっちがるどごだ
ぶっつける 打ちつける こら、雪をぶっつけっつぉ
ふーで 雪のために跡なき道 ふーで道だ、気をつけろ
ふりおけ 手桶、担ぎ桶 ふりおけで水くめよ
ブルキ ブリキ ブルキのおもちゃ買ってきた
ふんごみ もんぺい、猿袴 ふんごみはいて来らんしょ
ふんじゃ それでは ふんじゃふーだべ(それではそうでしょう)
ぶんぞいろ ぶどう色 ぶんぞ(ぶどう)中、会、南
ぶんなげでおっけろ かまわないでおけ そだのはぶんなげでおっけろ
ふんぬかる 穴などに落ちこむ ふんぬがんねように気をつけろよ
ふんぬけ(のけ) 馬鹿、阿呆 このふんぬけめ、ふんのけ(会)
でしょう 寝ぼうしたんだべ
べあ(べな) でしょうね おめは末っ子だべあ
へい はや(魚) あそこにへいがいっぺぇたまってるぞ
べーえー 奪い合い ちっとばっかの梨でべーえーしんなで
へえほ お手玉 おれ達はへえほして遊ぶだわ
ぺそっと 平気、静かに あいつはぺそっとしているぞ
へそび(へすび) 鍋の墨 鍋のへそびをはがしておけ
へたかす 下手 あいつの歌はへたかすだな
へでもねぇ(へでなし) つまらないこと ほだへでもねえごと言ってんでねえぞ
ぺろっと 平気で、皆 この野郎三皿ぺろっと食った
へんこつ うそ そだへんこつ言うな
へんしろ 鳶(とび) へんしろが鳴いてるぞ
へんぜる 進上する お前にこれをへんぜる
へんぞる まがる へんぞったものさしは役に立たね
べんちゃら 多弁、追従 あいつは全くおべんちゃらだな
ほうたろ ほたる ほおたろ取りに行くべぇ
ほぎさま 坊主、お寺さま ほぎさま来らった
ほきる 萌える、茂る 桑がよくほきた
ぼくどお 大きな棒 ぼくどおでぶんなぐれ
ぼっこ 下駄などにつく雪、泥 ぼっこぼっこたまった
ほったぶ 赤いほったぶだ(ほおたぶ)
ぼっちがきく 手先がきく あの人ぼっちがきくわい
ほっちぐる 掘る ほこじる(会、南、北)ほっこずる(会、南)
ぼっちゃ 据風呂、風呂 ぼっちゃさ入れよ
ほでけさま 仏壇、仏さま ほでけさまにまんまあげろ(御飯を上げなさい)
ほっぽじくる 掘る 耳の穴ほっぽじくる
ほど いろり火、炉壷 ほどにくべろ
ほまち へそくり金 それが婆さんのほまちだとさ
ほろきなげる 投げる あぶねから石をほろきなげるな
ぼんこ まるい実、玉 椿のぼんこ取りに行くべ
ほんしき 本気、本降り この雨、ほんしきだべか(本降りだろうか)
ほんじぇ それで・・・ ほんじぇ、おめは何んつったんだ
ほんじゃ(ら) それでは ほんじゃ、そんでいいべ(それでよいだろう)
ほんとげぇ 本当ですか それ、ほんとげぇ
ほんにえぃ 恥しい そいつはほんにえぃな
ほんね そうでない んだなあ、ほんねなぁ
マ行  
まぁーじした さよなら (別れの挨拶)ほんじゃ、まぁーじした
まあせる 上げる それはまあせるべ
まいよー 弁償 まぁえ(北)まよう(北)
まえーど 昔、以前 そいつぁまぇーどのごどだ
まがってみる 覗いて見る ふすまからまがってみてる
まがる 敬礼する おめえの先生さんだ、ほれおまがりしろ
まぐらー 食ふ、大食する あいつは全くまぐらーする
まくらひき 産後二十一日 間もなくまくらひきになんな
まし ・・・ます ・・・そうでありまし
まじっぺぇ まばゆい、まぶしい うわぁ、お天とうさまはまじっぺぇな
ますびき がま、殿さま蛙 (ますびっきとも言う)ますびき出てきたぞ
ませんぼう 厩にはめる棒 ませんぼうをはずしてやれよ
まち 便所 ちょっとまち貸してくなんしょ
まっかん 真紅 火がまっかんおこった
まっこ 炉端 まっこぶち(炉ぶち)(南、中)
まっこみ 渦巻 危ねぇからまっこみに行ぐな
まっさ ・・・ます ・・・そうでありまっさ
まったいぐ 同じ位、同等 両方まったいぐだ
まったえご 同じ位、互角 まったえごになってさわぐな、いい年をして
まっちぇろ 待っておれ おまえしばらくまっちぇろ
まっちゃね 松脂 まちやねとも言う(南)
まっつぐ 正面、真直 まっつぐは拝殿だ、性質はまっつぐっだ
まっていご 互角、同じ位 子供とまっていごになっている
まてんぼ けちんぼ あいつはまてんぼだから出さねぞ
まなくくっつぐる 目をとじる じっとしてまなくくっつぐっていろ
まま まま食うぞ
ままかけ 土手の崩れた所 ままかけんどこ危ねぞ
まめ 達者、丈夫 まめで暮らしてるぞい
まるこい 円い まるこい石いっぱい拾った
まるっと 全然 きのうの商いはまるっとだめだ
まんにゃせる 間に合わせる ちっと短いがまんにゃせる
まんにゃない 間に合わない これからでは汽車にまんにゃない
まんまけぇ まん、円い まんまるけぇとも言う
みうくり 見送り みうくりの人いっぺぇだった
みえー 見合い きょうはみえーで忙しい
みぎっか 右側 危ねがらみぎっか歩けよ
みしけえ 短い みしけえ鉛筆だごど
みずめ 哀れ(みじめ) みずめな話だなあ(みじめたい話)
みそっぱ 虫歯(味噌歯) あの女はみそっぱだ
みだぐなす(し) 醜い人、可愛らしくない 全くあれはみだぐなすだ
みだぐね 見苦しい ほんにみだぐねことしる野郎だ
みっさんしょ ごらんなさい あの様子みっさんしょ
みったぐねぇ 見苦しい、可愛らしくない 全くみったぐね顔だ(みたくなし)
みとくさえ(みぐせえ) 見苦しい みとくさえまねしんでねぇ
みなんしょ みてください ここさ来てみなんしょ
みなんて 南の方(南手) みなんての方へ行がんしょ(行きなさい)
みぬ 蓑(みの) みぬ忘れて雨にずぶぬれになった
みめえ 見舞 火事みめえさ行ってくっぺ
みよっと 夫婦 いいみよっとになったな
みんじゃ 水屋、流し場 みんじゃでようっく口をすすげ
みんでねー 見るもんでない ほだにじろじろみんでねー
みんべー 見ましょう よく語ってみんべー
みんめー 見ないようにしょう おっかねがら見んめー
むえる ふ化する、ひなにかえる おら家のひよこがむえる
むかぁづき 第一回の誕生日(向かい月) むかぁづきの祝い、やんねえがなんね(誕生日の祝いをしなければならない)
むかりどき 第一回の誕生日 むがれつき(浜)むがんづき(浜)
むくれる まくれ返る きつくはったらむくれたわい
むしょーど 盛んに むしょーど雨降ってる
むじる 曲がる その道右にむじるとすぐおら家だ
むじれる ねじける、すねる あの子はすぐむじれる
むずせい かわいそう あの人はむずせい人だ
むそい(むすい) 長持ちする この下駄はむそかった
むっくらおきに 起床するとすぐ むっくらおきに町さ行って来た
むっしょ むしろ そこさむっしょすけ(敷きなさい)
むなくさ 気分、胸の中 どうもむなくさが悪くてしょうね
むんじん 無尽講 こんどむんじんを結んで貰った
めぁーだれ 前垂 めぁーだれかけて来うよ(来いよ)
めぇ ・・・まい ・・・そううまぐは行くめぇ
めぇーど 以前 めぇーどはそう言ったな
めえーる 見える 向こうに舟がめえーるべ
めぇーり お詣り お寺めぇーりさ行くべ
めげぇー 可愛い(めごい) ほんとにめげぇー子だごだぁ(子だこと)
めっか 見えるか 踊ってるのがめっか?
めっかる 見つかる 遊んでっとこめっかった
めっこめし 半熟の飯 今朝の飯はめっこめしだナ
めんく 工面 めんくしねばなんね
めんこ めんこ取りに行くべぇ
めんちゃこい 小さい いやにめんちゃこい時計だなぁ
敬語の助詞 行っきやったのかも(お出でになったのですか)
もー お化け 泣くともーが出て来るぞー
もうに たくさん もうに取って来た
もしゃくる(もじゃくる) くしゃくしゃにする 紙をそんなにもしゃくんな
もしゃくれる 揉める 着物がもしゃくれる
もた もだんなかにいたけのー(いたそうだ)
もだし きのこ 赤もだし(赤いきのこ)取った
もだやら 薮原 もだやらに鳥の巣があんだ(あるのだ)
もずる もじる 布をもずる
もっこ(ぼっこ) つづれ、悪い、または曲がったもの この机もっこだな(この机悪いな)
もぼれる 老いぼれる あの老人はもぼれてしまった
もろ もろ中に(うなぎ)がいるぞ
もんぐらもじ もぐら(動物) 畑の中もんぐらもじ歩いだわい
もんだ ・・・なさい もう少し勉強するもんだ(勉強しなさい)
ヤ行  
やえん 猿(野猿) 山奥に野猿が居る
やがますい やかましい 何だ、やがますいぞ
やがれ ・・・さい 勝手に行ぎやがれ
やぎ やに 松やぎ取っしゃいんべ(行きましょう)
やぎみし 焼き飯 うまいやぎみしだったない、やきめす(北、会)
やくやく わざわざ やくやく来なくてもええ
やけち(やけっぱだ) やけど ああ、あつい、やけちした
やさがた そまつ この家の造りはやさがただ
やした ・・・ございました ごちそうさまでやした
やだ いやだ 見合いなんかやだなぁ
やっから するから・・・ 俺がやっからいいで(するからいいよ)
やっきゃあね 役に立たない そだごとやっきゃあね
やっけぇ やっかい どれどれ、やっけえな奴だ
やったか いらっしゃるか ばんちゃんやったか
やっちゃかない 駄目だ、役に立たない そんな事したってやっちゃかない
やってくなんしょ 売ってください (やってくんつぇとも言う)
やってんでねぇ やめろ そんなこと、やってんでねぇ
やぶから 藪中 やぶすこ(南)
やべ(やーべ) 行きましょう 俺家さやべ(やーべ)(中、南、会)
やまおか 冬のずきん やまおかかぶって山さいぐべ
やまのおんつぁん やまのおんつぁん来たぞ
ややなす 出産 俺の姉ややなすさ帰った
やらいる 出来る おらも毬つきやらいる
やりぎ 摺臼に用いる二又の木 やりぎ作って来てやったぞ
やろこめら 男の子供たち やろこめらうるせいな
やんだ 嫌だ おらやんだ
やんべ しましょう お祭りの仕度やんべ
ゆい 仕事の助け合い 明日俺とゆいしねいが
ゆぇっこ 俺家あのゆぇっこくれっかい(上げますか)
ゆぇば えさ 鶏にゆぇばやれよ
ゆえぶす 煙らす なんだってゆえぶすもんだ
ゆぇんめぇ 庭(家の前) ゆぇんめぇさ出て遊べ
ゆくべい 行きましょう 釣りにゆくべぃよ
ゆすぐ 口をすすぐ 口をゆすぐんだぞ
ゆっせ ごめんね わりがったらゆっせ
ゆて(ゆで) 風呂手拭 ゆて持ってきてあげな
ゆばり 寝小便 この子はゆばりして困るんだで
ゆうべな 夕べ、昨夜 ゆうべな大きな地震があった
ゆるい(ゆるり) 囲炉裏 ゆるいさ火焚けよ(ゆるりとも言う)
ゆるすけ 締まりない人 あれは全くゆるすけだ
よいやれや 寄ってください ほうれ、早くよいやれや
ようま ようまになんねうちに早く帰れよ
よーが 蚊(夜蚊) ひでえよーがだ
よき(よーぎ) よき持って山さいぐ(山に行く)
よこしぇ(よこせ) ください、くれ でかいのをよこしぇ
よじくじになる 曲がりくねる 小道はどうもよじくじになっている
よっか ・・・よりも 梨よっかりんごの方うまいぞ
よっせぇ 寄りなさい おら家にもたまには寄っせえ
よっぽど よほど あんたはよっぽど酒飲んでんな
よっぴし 一晩中 ゆんべよっぴし縫い物をした
よなげる より分ける 豆をよなげるがな
よーばつ 両端 縄飛びやっからよーばつ持ちな
よぶ 招く、ごちそうする お祭りによぶぞい
よーほ(ほう) 両方 それはよーほとも悪い
よまいごと(よめぇごと) 小言 そだよまいごとずーな(言うな)
ラ行  
らいがない すきがない あいつにはいつもらいがない
らっちゃぐ 来客 きょうはらぇちゃぐある日だなぁ
らちくたねぇ 乱暴だ らちくたねぇ部屋だなあ
らじもなく 多く、非常に らじもなくお金を使ったんだと
らっちゃ ・・・られた おらぶんなぐらっちゃ
らんぷあぶら 石油 らんぷあぶら買って来う
りがた ゆかた、単衣 りがた着ろよ
りき またりきが降って来たぞ
りくう 生意気(利巧) ほんとにりくうなやつだ
りぐじねぇ 意気地ない りぐじねぇ男だなー
りっぱんな 立派な ほんとにりっぱんな花嫁だこと
りゅーがお 夕顔 りゅーがお咲いたぞい
りんべ(べな) 夕べ、昨夜 りんべな着いた
るぇあさま るぇさま鳴った
るせぇー 留守居 おねは(お前は)るせぇーしてろ
れぇげつ 来月 れぇげつがらなつやすみだぞ
れぇねん 来年 れぇねん卒業だ
ろくったま ろくに、正しく ろくったま見もしねぇくせして
ろくでね 意地悪な ろくでねぇ男だ(ろくでなし)
ろっぺぇ 六杯 飯ろっぺぇ食った
ワ行  
わい ・・・よ なーんだ、すぐ取ったわい
わうさよければ 自分さえよければ わうさよければええんだべぇ
わぇー そうだべわぇー(そうなのでしょうね)
わかだんぽ 若主人 こっちのわかだんぽは大学出なんだと
わけねぇ 大丈夫だ、たやすい そんなことわけねぇごどだ
わざの 使い わざのを出してほっとした
わしぇる(わせる) 忘れる これだけはわしぇるでねえぞ
わすら(わっさ) いたずら わすらしんでねぇぞ
わっさもの 玩具 子供のわっさもの買ってきた
わっつぁげる 割れる 氷がわっつぁげた
わっぱ 仲間になること (碁など)俺もわっぱになったぞ
わにっこ はずかしがり こいつはわにっこで困りやす
わりえ 割合 わりええ(良い)話たべ
わりきさっぱ わりきさっぱ持って来う
わりぐ 悪く 病気わりぐなんねでよかった
わーわ 馬(幼児語) わーわさ乗っか(乗るかい)
 
んごぐ 動く あまり、んごくな
んだ そうだ 「んだったなぁ」「んだ」
んだって そうだけれども んだって、おら知らねぞい
んぬ(んのー) お前 んぬが悪いんだぞ
んのこ 綿入れ んのこ出来たかい
んば 婆さん んばは、まだまだ元気だ
んべ 負え(命令) 俺のどこんべ
んま いいんまだべ(よい馬でしょう)
んまげろ 物をあけろ、すてろ ごみあそごさ、んまげろ
んまねる 訴える んまねるごどもあんめいに(あるまいに)