県内全般
方言 意味 用例
ア行  
あいつ あの奴。彼、あの人 あいつはいい奴だ
あいでー 痛い あいでー、柱さ頭ぶっつけた
あかい 美しい あかいべべ(着物)着てる
あがし(あかり) 電気、灯 あかしつけろよ
あがる 上簇する 蚕さま、はやあがるぞ
あがんべ いやだ そだごどはあがんべぇだ
あきしょ くしゃみ おめ(お前)のあきしょは大きいな
あぎねぇー 商売 あいづはあきねえー上手だもんな
あぐ こたつさ、あぐ入れろ
あくだい 悪口 ほだ、あぐだいこぐもんでねぇ(言うものでない)
あくど(あくと) 風呂に入ったとぎ(時)よくあくど洗えよ
あっけねえ 長持ちしない、あっさり ちっとばっかの銭なんかあっけねぇものよ
あっこんだら あるならば ほだごどあっこんだらやだ(そんなことあるならいやだ)
あずばる 集まる みんなここにあずばれ
あっぷあっぷになる 溺れる 川であっぷあっぷになったんだ
あでずっぽ あて推量 ほだあでずっぽのこというな
あのナ あのね あのな、おめに頼みたいごどあんだ
あれぇもの 洗濯物 こだにあれえものあんのが
あんべぇわりー 病気 そだにあんべぇーわりーのげ(悪いのかい)
あんぽんたん ぼんやり物(悪口) なんだ、このあんぽんたん(野郎!)
いいあんべぇ 良いぐあい、適当 いいあんべぇに雨が降ってきたわい
いいまちしるな 怪我するな そだまねしていいまちしるなよ
いがっせ(いがんしょ) 行きなさい 早く学校さいがっせぇ
いがねぇ 行かない、帰らない 遊びさ行かねがい、暗くなっからいがねぇが
いがんべない いいでしょうね そんじいかんべない(それでよいでしょうね)
いげ(いがせい) 行け 遅んにぇように早く行け
いじる 自由にする あんまりいじんでねえぞ
いだがい 居ましたか 隣のおばちゃんいだがい
いじぐる もてあそぶ そんなに本をいじくるな
いっきゃった 出逢った 今日あいつといっきゃったわい
いっぺぇ たくさん お土産をこんないっぺぇもらってすまねない
いっちょまい(めい) 一人前(えっちょめえ) おめえもいっちょまいになったな
いってきらんしょ 行って来なさい おめえさんもいってきらんしょ(こらんしょとも言う)
いなりさま 狐(動物) あのむろ(洞)にいなりさまいるぞ
いぼいぼむし かまきり(動物) いぼむす、いもむしともいう
いまっと もっと うまいがらいまっとくれ
いやしこ 食いしんぼ いやしっこ、いやしっぽ、いやしんぼおとも言う
いるぎ(いるり) 囲炉裏 いるぎに火たけよ
いんがぁ 縁側 温けえがらいんがぁさ廻らんしょ
いんねぇ(えんねえ) 要らない こだものいんねぇ(こんな物いらない)
いんぺ(べ) 行きましょう 山さいんべ
うそこぎ 嘘つき このうそこぎ野郎
うっつぁし うるさい うっつぁし子めらだな
おかしな 不思議な (おかしない)(おかしくねー)おかしなことあるもんだ
おかた 妻、他人の妻 あれは次郎やんのおかただ
おこらっちゃ 叱られた おががにおこらっちゃべ
おしめり 良い時の雨 夕べの雨はよいおしめりだったなし
おしゃれっこ ハイカラ あの娘はとでもおしゃれっこだ
おっか(ぁ) お母さん おっかぁにおせっつお(おしえるぞ)
おっかける 欠ける、追う 二つにおっかけた、猫をおっかけろ
おっきょる 折る 桜の枝おっきょるんでねえ
おつけもち 雑煮餅 おつけもちはうめえな
おったぐる 追払う 騒がしいとおったぐるぞ
おったまげる びっくりする あれの頭の大きいのにはおったまげた
おてんとさま 太陽 (おでんとさま)おてんとさままぶしな
おどげない 容易でない そんなこどおどげてねえぞ
おどげる 冗談を言う あいつはいつもおどけばか言う(ばかり言う)
おとで(い) 一昨日 (おとでな)(おとどい)
おにむし 甲虫、鬼虫 おにむしめっけたあ(見つけた)
おはんでおぜぇやす お晩でございます (おばんないやした)とも言う
おめぇ おまえ、君、あなた おめえこっちゃ来う
おもさぐねぇ 面白くない おもしゃぐね、おもせぐない
おもしー 面白い おもしぇー、おもしゃい、おもせー、おもちい
おんだす 追い出す そんな悪い嫁はおんだすぞ
カ行  
かありばんこ 交替 かありばんこに仕事しっぺぃ
がえるっぱ 車前草 がえるっばを取りに行くべ
がき(がきめろ) 女の子 泣くなこのがき
がきめら 子供たち このがきめら柿とっとかんべんしねぞ
かすかたる 生意気を言う かすかたんでねぇ
かでっぽー 片一方 かでっぽーの下駄無くした
がんばこ お棺 やぐやぐ(やっとのことで)かんばこさ入っちゃ
かんぷら じゃがいも (かんぷらえも)とも言う
かんまがす かきまわす(かんます) 大根の鍋かんまがせよ
きかっと きちんと、角ばった姿 きかっと線をひけよ
きかない 強い(乱暴) (きかねえ)あいつはきかないぞ
きかんぼ 腕白 あれは小せえ時からきかんぼだった
きったねぇ きたない きったねえ着物だなぁ
きどころね うたたね きどこね(着床寝)とも言う
きび 気味 きびわりー男がいたぞ
ぎびきょ きゅうす(陶器) きびんしょ、きびっちょとも言う
きんにょ 昨日(きんの) (きんな)とも言う
くたばる 死ぬ、死んだ あのおやじもくたばったがい
くっちゃくねえ 呉れたくない おめえにはなんにもくっちゃくねえ
くらすける 打つ、たたく 悪いやっだくらすけるぞ くらせる、くらつける
ぐるりもっけい 周囲全体 ぐるりもっけいの笑い者よ
くれべい(べし) 上げましょう おまえにこれくれべい(くれっぺい)とも言う
くわご 桑の実 くわごがとてもうまくなってぞい
くんされ ください くんしょ(会、北) くんちゃい(浜) くんちぇ(県内)くんつぁんしょ(会、中) くんつぇー(会、中、北)くんにゃい(南、浜、北) くんネー(浜)
げぁぇる かえる げぁーる、けぇーる、げぇーる
けぁーこ けぇーがら(県内)
けえちゃ 裏、逆さ、反対 着物けえちゃでねえか
げす げすっぺた
げす 最後、最下等 かけっこでいつもあの子はげすっぺだ
げずかる 居る(卑語) このやろうこんなところにげずかるのか
けそっとして 平気で 何を言われてもけそっとしている
けつぺた お尻 けつぺたでもひっぱたげ
けっぽる ける 馬のやつがけっぽった
けつまづく つまづく 石にけつまづいてでんぐりかえった
ける くれる 銭けるぞ(その逆はけらんにと言う)(北、会)
けんざん 婚礼の時、招待される嫁婿の親族を言う(見参) きょうはけんざんでいそがしわい
げんじょも けれども それはそうだげんじょもなあ (げんじも)(げんとも)(南、浜、会、中)
可愛いさを示す 嫁こ、茶碗こ、めろこ(女の子)
こいら 突然、ぐっと いやぁごいら水が出た
こきたね きたない (こぎたね)こぎたねぇ部屋だない
ここんどこ この所、ここ、最近 ここんどこさ荷物置いてくなんしょ
ごせやぐ はらをたてる こせばらやける(県内)ごせする(会)
こだごど こんなこと こだごとしやがってなんだ(県内)
こっちゃ こちらへ こっちゃ来てみろ、こっちゃ来う
ごっつお ごちそう ごっつおこせえでよぶべい(招待しよう)
このましがる うらやむ 人のものこまかしがるもんでねぇ
こみっちり 充分に きょうはこみっちり仕事した
こめら 子どもたち こめら来たがら遊んでやれ
こればっかし こればかり、少し これっぱか(会、中、北)これっぱっこ(浜、北、中)
ごろごろさま 雷さま ごろごろさま鳴っからへそかぐせよ(隠せ)
こわえ(い) 難儀だ この坂ずいぶんこわえなえ
こんこんさま 狐さま こんこん(北)こんこんさまいたがい
こんだ(こんだぁ) この次 こんだきっと買ってやっかんな
こんにゃ 今夜 こんにゃ遊びに来なよ
ごんぼ ごぼう ごんぼばし食うど屁出っつぉ
サ行  
へ(方向)に(場所) 山さいぐべ、そごさあっぺ
さしつけねぇ 差し支えない ほんなこどさしつけねぇがら来らんしょ
ざっこ 雑魚 ざっこすくえ(県内)ざこばかでねぇが
さっさど 早く さっさど引きあげろ
されがまねえ 何にもかまわない おめえなんかされがまねえ
しけっぽい しめっぽい きょうはしけっぽい日だない
したき(しだき) 唾(つば) したきつけてみろ、治っから
しっぱね はね(泥など) 着物に大分しっぱね上がったな
しゃでい あれは俺のしゃでいだわい
しやさって 明々明後日(四日後) しやさって来てくんなんしょ
しゃで これ、おれのしゃでだ、よろしぐなぃ
しょっぱい 塩からい このつけものはしょっぱいな
しりっぽ 尾(尻っ尾)しりぼ この猫のしりっぽ短けな(短いな)
じんぎしる えんりょする(辞宜する) 親しい仲だものじんぎするなよ
しんたく 分家(新宅) あの家は俺どこのしんだくだわし
すまっこ そのすまっこさねずみが入ったぞい
せぇでぐ つれていく お祭りさせいでぐぞ
せえる(ろ) 入れる 祭りの寄付は袋の中さえでくれ(袋の中に入れてください)
せつない うるさい、悲しい (せずね)(せずない)子どもばり多くてせつない
せばい(せべい) 狭い(せべあい) このへやはせばいな(せばこい)
せわしい 騒がしい、うるさい せわしい日だ(せわしねぇ)(会、北、中)
ぜんめぇ ぜんまい(山菜) ぜんめぇとりに行くべ
そうがし そうですか そうがし、そうがーも、そうがん
そぐった 失敗した またそぐっちまった(そくねる)(そくる)
そごら その辺 そごらから捜して持って来な
そうだがい そうですか 爺さま弱ってるつうが、やっぱりそうだがい
そうだっぺ(だべ) そうでしょう あんだは仙台生まれがぁ、そうだっぺ
そうだわい そうですよ ことしは豊作だそうだわい
そっこそっこ こっそり、静かに やや(あかんぼう)起ぎっからそっこそっこ歩けそっこと(浜) そっこり(浜、中、会、南)
そうであんめーした そうではないでしょう それはそうであんめーした
そうでながんべが そうではないでしょうか あの人がそうでなかんべか
それっぱかし それだけ それっぱかしのことで泣くんでねぇぞ
そろっと 静かに そろっと行ってその猫つかめろ(つかまえろ)
そんじゃがら それだから そんじゃからいたずらすんでね(してはいけない)
そんじゃって それでも そんじゃって俺は知んねえもの(知らないもの)
そんね(ねー) そうではない (ほんねも同意)そんね、こっち行ぐんだで(そうではないよ、こっちの方へ行くんだよ)
タ行  
だぁ です(だ) 東京さ行くんだぁわ
だえきれぇ 大嫌い(だえっきれぇ) あんな人だえきれぇだ
だえごろし 大根おろし ずいぶんからいだえごろしだなぁ
たけずっぽう 竹のつつ たけずっぽうさ水を入れろ
たーこ(たすこ) たすき(たしき) たーこをして掃除しろよ
だだこねる 泣き騒ぐ この子は毎日だだこねる
ただっころぶ 転ぶ (ただ)で意味を強める
たてる(たでる) 飼う 馬や鶏をたてるもんだ
だべい でしょう そうだべい
だべが でしょう 行くだべか
だらおけ 肥料おけ だらおけかついで行けよ
だんじぃも 誰でも だんじぃもそんなごと言う
だんじゃ 誰だ! そこに居んのはだんじゃ
ちっちぇ 小さい この子はちっちぇな
じさま おじいさん じさまよく来らったない
ちっちゃい 小さい(ちっちい) ちっちゃこい(南、会、中、北)
ちっとばかし 少しばかり ちっとばかしだが食べてくれ
ちゃっこい 小さい いやー、ちゃっこい人だない
ちゃんちゃんこ 肌着 暑いときはちゃんちゃんこに限るで
ちょっきり 丁度 ちょっきりで余りはないよ
ちょっくら 一寸(ちょっと) ちょっくら待ってくんろ(待ってください)
ちょっこら ちょっと すまねえがちょっこら手伝ってくれ
ちょーま ちょう(動物) ほれ、ちょーまが飛んできた
つんだす 差し出す、突き出す 窓から顔をつんだせよ
つんぬける ぬける 傘の柄がつんぬけてしまった
でえご(でえごん) 大根 おっきいでぇごん辛くね
できだっぺー 出来ただろう ほうら、できたっぺー
でだす 出発する ほんではでたすか(出発しょうか)
でっこごり(でっちり) 一ぱい、山もり (でっこもり)(でっしり)(でっすり)
てっぺ 上の方 木のてっぺに鳥がいる
てっぽ てっぽぶちが山さ行ったぞ
でな 出額(ひたい) でなに馬鹿なし
てねげ 手拭い(てぬぐい) てのけ(中) てのげ(中、会、北、南) てのごえ(県内) てれげ(中)
てめぇ 汝、お前(卑語) てめえら馬鹿語んでねえ
でろ どろ でろこねしんでね(泥こねをするなよ)
てんまり 手まり (てんまる)てんまりつきましょう
どうしっぺ どうしよう 遅くなっちまった、おらどうしっぺな(すっぺなとも言う)
どうせこうせ つまり、どうしたって どうせこうせ出来っこねえんだで
どおなんだかわかんね 何だかわからない 行くのが行かないのかどおなんだかわかんね
とおみぎ 玉蜀黍(とうきび) 裏さいってとおみぎもいでいこう
とっしゃ 取りに 忘れ物とっしゃ行ってくっかんな
どっちゃ どちらへ あんだ方どっちゃ行くんだい
とっつぁま お父さん とっつぁ(会、浜)会津磐梯山俺とっつぁの山だ
とっぱちまり 初め とぱっちりまりから失敗だった
とろっぺ(い) 度々 とろっぺとろっぺ世話になんない
ナ行  
あのな、遊びさ来いな
なえべ 無いだろう そうでなぇべ(そうでねぇばいとも言う)
なきめそ 泣きやすい子 なぎみそ(北、南)この子はなきめそだな
なげえ 長い 何だってなげえ堤防だない
なじょうだ どうした、どんなだ 怪我したそうだが、なじょうだ
なしろ(なーしろ) 苗代 なしろかきすべい(苗代かきしょう)
なじき ひたい なっき、なづき
なっちまった なってしまった こんなになっちまったぞい
なりやした(丁寧) なりました よい天気になりやしたな
なんして なぜ なんして馬逃がした
なんでかんで 必ず、どうしても なんでかんで仕上げねばなんね
なんぼ なにほど そだことなんぼ言ったってダメだで
なんぼがな どのくらい おまえはなんぼがな買うんだ
なんぼにも どうしても かわいそうでなんぼにもこの犬置いて行がんに
にげえ 苦い にげい薬だな(にがい、にんげて)
ぬすくらえ 盗み食い こら、ぬすくらえしんでね
ぬっちゃ ぬれた 雨が降ってぬっちゃ
ぬる 乗る 車にのる
ねえ 苗代のねえも大きくなった
ねえる(ねいる) にえる ほら、豆がねえんだんでねえが
ねーぞい ・・・ないよ お前の着物はどこにもねーぞい
ねっから ちっとも、全く、もとから ねっからわりぃ(悪い)ヤツではねえんだ
ねっぱる ねばる ガムが着物にねっぱった
ねんじん にんじん ねんずん(会)ねんじんはきらいだ
のっこえる 乗りこえる そのへいのっこえで来い
のっぺ 乗りましょう 早くその汽車にのっぺ
のへっと にぶい様子 何だ、のへっとしてんでねぇ
のめる 倒れる ありゃ、家がのめったぞ
のんのさま 灯、月、神、仏(幼児語) のんのさまおがめよ
のんべ 乗りましょう 汽車さのんべよ
ハ行  
はぁー さあ、もう はぁー行くべい、おらいんねぇーはぁー(私はいりませんよもう)
はじ(はじっぽい) 端(はし) 帯のはじが垂っちっつぉ(たれているよ)
ばしゃだる ばちが当たる そだごどしっとばじゃだるぞ
はたく 叩く、打つ 痛いからはたくな
はだつ 始める 8時からはだづぞい
ばっち(こ) 末子 これは俺家のばっちだわい
はねくら 競争 はねくらで一等びりっけだ
はまる 落ちる 川にはまったぞ!
はらくっちい 満腹だ はらつく(会、北)はらくっいとも言う
はりこ 裁縫の弟子 おばさんのどこへは、はりこが三十人も来ている
ばんがた 夕方 もうばんがたになったぞい
ひきわた 真綿(引綿) 袷さひきわたを入れる
ひだりこぎ 左利き あいつはひだりこぎだ
ひったぎる 引き切る 長かったらひったぎれ
びったらこい 平たい びったらけ(会、中)びったらこい(県内)
びっちゃ 水たまり、ぬかるみ びちゃっこ(北、中、会、南)びっきゃこ(中、会)
ひっぱたく なぐる この奴生意気だ、ひっぱたくぞ
ひびす さなぎ ひびつ(県内)ひびっつ(南)
ひひて 終日 きょうはひひて遊んじまった
ひぼ ひも ひぼをよくしばれ(結べ)
ひまだれ ひまつぶし きょうは、ひまだれかけたない
ひゃく 一銭(百) 二かん百(二十一銭)
ひやく ひしゃく ひやくで水かけろ
ひょっくら 突然に ひょっくら出てきたんだ
ひょっこ ひよこ、ひな ひょっこが生まっちゃよ
ひょっとしっと もしかすると ひょっとしっと駄目だかも知んね
ひょろながい 細長い あいつの顔はひょろながいな
びり 最後、最下等 はねくらはいつもびりだ(いつも一番後だ)びりかす(北、会)びりけっ(県内)
ひんのめぇ 午前中(昼の前) ひんのめえはたけ仕事しろよ
ふかし 赤飯、おこわ おふかし食べなんしょ(食べなさい)
ぶじょほ 失礼(不調法) ぶじょほしんでねえ
ぶちる まだらになる 染物ぶちっちまった
ぶっくらすける なぐる 生意気言うどぶっくらすけるぞ
ぶったぎる 切る(強意) そのつえをぶったぎれ
ぶったたく 打つ(ぶっぱたく) 馬鹿言うとぶったたくぞ
ぶったまげる 驚く うわーぶったまげた、
ふるしき 風呂敷 柿包むふろしきあっかい
ぶん べつ(分) これとそれはぶんだ
ふんのぼる 踏む やぁぃ馬糞ふんのぼったべ
べえこ 赤べえこ鳴くぞ、べこ(県内)
べか ・・・でしょうか こんなものでええべか
べこっこ 牛の子 あのべこっこは、黒いべこっこ(会、北、中)
へでなし つまらぬこと へでなし言うでねぇ
へっこむ へこむ、ひっこむ 鍋の底がへっこんだぞ
べろ あいつのべろは長いぞ
ぺろっと 全部すっかり ぺろっと嘘こいてくっちゃ(嘘ついてやった)
べんぞかく 泣顔する この子、べんぞかいてる
ほいぎょ(ほいじょ) 庖丁 ほいちょ(会、浜、中、北)ほいじょう(県内)
ほおろぐ(ほろく) 失う、なくす 財布ほおろぐなよ
ほこる(ほごる) ふざける、戯れる ほこるのをやめろ
ぼっこす こわす この戸ぼっこすんでねえぞ
ぼっこっちゃ こわれた いやはや、ぼっこっちゃ
ぽっと もしや、不意に ぽっとしたら、あの人でねえがな
ほーどし 目刺 こんばんの魚はほーどしだ
ほめらっちゃ ほめられた 先生にほめらっちゃんだ
ほりこ ぼやっとしてっとほりこさつっぱいっつぉ
ほんこ ほんとの勝負 こんどのはほんこだぞ
マ行  
まけ 血族、分家(末家) あの家のまけはいいんだぞ
まじっぽい まばゆい、まぶしい まちぼい(北)まちっぽい(中南)まじこい(中)まちぶれい(中)まじべい(会)
まってろ 待ちなさい ちょっと待ってろよ
まっと 一層、もっと あの花まっと欲しい
まーっと 廻り角 まーっと、まってがら
まてい(までえ) ていねい までぃー(浜、中、会)仕事はもっとまでいにやれよ(県内)
ままかが 継母 ままかかぁともいう(南、北、中)
まんぜえ 万才(まんざい) 会津まんぜえが来たぞ
まんぱち そまつ、でたらめ そいずはまんぱちだ
みぐさい 見苦しい みぐさい格好してんでねぇ
みっちと しっかり みっちら(北、会、中)みっちり(県内)
みば 外見、体裁 みばいい、みばわりー(県内)
むぐす 漏らす(小便) ゆんべむぐしたなー(寝小便したな)
めぇーめぇー 各々 これ、めぇーめぇー持ってくれ
めおおとす 落命する(死ぬ) 馬に蹴らっちとうとうめおおとした
めごがる 可愛がる めごこえ(北)めご(会、中)
めっけた 拾った 道で銭をめっけた
めど (めどこ)穴 ここにめどこがあいてる
めんげー 可愛い あいつはめんげー奴だ(めんこい)
もうええげ もうよいか (鬼ごっこ)もうええげ
もんも とてもでかいもんもだなぁ
ヤ行  
よ、ね そだごどやめろや(そんなことやめなさい)
やっけぇ 柔らかい(やっこい) やっけぇ豆腐だ
やっとこすっとこ ようやく、辛うじて やっとこすっとこ汽車に間に合った
やっぱ やはり やっぱし(県内)やっぱす(北、会)
やっぺ しましょう きょうから勉強やっぺ
やなさって 明明後日 やなさって来らんしょ
やろこ 男の子(野郎子) あそこのやろこはりこうだ
やんな すんな そーだことやんな(そんなことするな)
やんねげ(やんねがい) しませんか 魚釣りやんねがい
ゆぐじねぇ 意気地がない ゆぐじねぇ野郎だな
ゆぜまめ ゆでた豆 ゆぜまめ食べろ
ゆまぎ 腰巻、湯文字 ゆまぎ着な
ゆるっと ゆっくりと ゆるっとごっつぉさまでした
ゆわい(ゆわえ) ゆうべ除隊のゆわいでした
ゆわし ゆわしが安い
ゆわっちゃ 言われた 俺悪口言わっちゃんだ
ゆんべ(ゆんべな) 夕べ、昨晩 ゆんべ火事があったそうだ
よあがし 徹夜 よあがしで勉強した
よーがすか ようございますか よーがすか、行きますぞ
よがんべ(べー) よいでしょう きょうはゆっくりしてもよがんべ
よくたかり 欲張り あの婆さまはよくたかりで困んだ
よこざ 炉端の主人の座(横座) おやじはよこざででれっとせ(相馬民話)
よせ 隅こ、端 よせの方に居る人はだん(誰)じゃ
よったかる 集まる 若い者がよったかって騒いでる
よっぱら 充分 そだごどよっぱら聞かせらっちゃ
よっぴて 一晩中 よっぴて酒飲んでだわい
よばっちゃ 招待された ご祝儀によばっちゃんで行ぐとこだ
よらんしょ お寄りください おら家にもよらんしょ
よーり 料理 おっ母のよーりはうめぇな
ラ行  
らいさま 雷(らえぁさま) ほら、らいさまが鳴るぞ(れえさま)(浜)
りご かしこい(利口) この犬はとてもりごだ
ろく(ぐ) あたりまえ ここにろくな人は居ね
ワ行  
わがんめぇー わからないだろう そつはわかんめぇー
わせる(わっせる) 忘れる 今言ったごどわせんなよ
わり(い) 悪い そんではおめがわり
 
はい 早く来う、「ん」
んぶう 背負う 俺んぶってやっかんな(やるからね)
んめ んめの花が咲いたぞい
んめ(え) うまい、上手だ、おいしい あの子は習字がんめぞ(ほめ言葉)
んめぐねぇ うまくない、上手でない そだには、んめぐねぇんだ