浜通り
方言 意味 用例
ア行  
あーだごど あんなこと あーだごと嘘だ
あい(え)べ 行こう おら家さあいべ
あおのけ 仰向け 鼻血出だからあおのげに寝せどけ
あか 魚(小児語) 白いまんま(飯)にあかかけて
あかいも じゃがいも あかいもゆでろ
あがた 交霊 あがたよせる(交霊する)
あがっせい お食べなさい、お入り下さい これあがっせい、ここさあがっせい
あがとくやい どうかあがとくやい
あがめってぇ いやだ、だめだ そだごどあがめってぇ
あきゃじ 塩鮭 返りにあきゃじ買って来う
あきび あけび 山さ、あきび取りに行かねがよ
あぐふく 悪口言う あぐふくとびしゃけっつお(悪口言うと叱るぞ)
あしと 足跡 ここに犬のあしとがあっつお
あすばねーが 遊ばないか 君ちゃあすばねーか、(君ちゃんあそばないか)
あっかす ありますか 米あっかす(あっかせとも言う)
あっきゃげ 秋上げ、収穫 明日はあっきゃげだぞー
あっぷくしる 溺れる  
あっぽ 大便 わあ、くせいくせいあっぽだ
あっぽや だいべんじょ あっぽやに行ってくっがら
あどががぁ 後妻 あれは、あとががぁだ
あなこ 穴(コは接尾語) この銭にあなこあいでんだ
あねこ 若い女子、娘 いいあねこだな
あねさ 兄嫁 (兄嫁を弟妹が呼ぶ語)
あねはん 姉さん おめの姉はんうっづくしな(美しいな)
あのなっされや あのね  
あばげる ふざける (あばせる)あんまりあばせるな
あぱとぱ そわそわする あんましあぱとぱしんでねえで
ありがどがす 有難うございます ほんとにありがどす
ありっこ あり (ありご)は全県的 ありっこいたぞ
ありゃしたり あらまあ(驚く) (ありわしたり)とも言う
あんかん 行火(あんか) 寒いからあんかんだいて寝っぺ
あんだんぺ あるだろう そだこともあんだんぺ(下の者に)
あんちゃ 娘、姉さん おめはどこのあんちゃだ
あんね あれはいいあんねだった
あんめした あるまいよ そんな馬鹿にしたごとってあんめした
いあぇづ (会津)地名 あんたはいあぇづの生まれだべ
いきばる りきむ うんといきばれよ
いぐね 家のまわりの木 いぐねあんで風よけになんなし
いくべぇ(いぐっぺぇ) 行きましょう 早くいくべぇよ
いじこ 赤子を入れるもの(わら製) おと、(赤子)いじこさ入れておけよ
いそっけづ いそぎんちゃく (動物)あら、いそっげつめっけたぞ
いだがん 居ましたか(いだげぇ) 山田のおんつぁんいだがん
いたましい 惜しい それ呉れんのはいたましいな
いっこ 猫柳(植物) (いっころころとも言う)(中通り)
いっこ おらえにもいっこいっつお(僕の家にも犬がいるよ)
いっそお ばかり きょうは白菜いっそお持って来た(「いっそお」は浜通りで柿のこと
いなさ 南風 もういなさ吹くようになったな
いまに さようなら ほんじゃ、いまに(それではさようなら)
いりのざしき 奥の間 いりのざしきに案内しな
いんか わずか、少し 砂糖をいんかくいよ(少しください)
いんからない 行きますからね 休みになったらいんからない
うけ 魚つりの浮き ほれ、うけ動いでんでねえがよ
うっしょ あんだのうっしょにかくれてる
うっすらかん ぼんやり あれはこの頃うっすらかんとしている
うめもの お菓子 今日はうめものもらってきた
うらっぽい さき 五重塔のうらっぽいにとんびがとまった
うわっぱり 上着 寒いからうわっぱり着てげ(着て行け)
え(えー) おらえさやべ(私の家に行きましょう)
えぁばんしょ おいでなさい おらえさえぁばんしょ(同)
えさばや 魚屋 えさばやさ行って鰯買って来う
えっちょめ 一人前 あんで、えっちょめの気してる
えっぺえ 二合五勺のこと もっきりえっぺえなんぼだ(酒二合五勺桝でいくらだい)
えましごろ 今頃 えましごろなんしゃ来んだべ
おあがんなんしょ お寄りなさい どうぞおあがんなんしょ(敬語)
おあげえ 召し上がりなさい さあさ、おあげえなんしょ
おあし おあしは大事にしろよ
おいんなしょ お出でください どうかあそびにおいんなしょ(敬語)
おおきに 有難う おおきに世話かけだない
おおごとした 失敗した えやあ、財布ほろっておおごとしちまった
おか お母さん (おかも)(おが)(おがが)(おかさ)(おがちゃ)
おかえ おかゆ(粥) おかえねえだがら(煮えたから)食べろ
おっかね 恐ろしい おら、おっかねえなあ(私、なんだか、恐ろしいな)
おがる 育つ なんだってこの子はおがったごと
おぎ(おき) 炭火 火おこすから早くおぎ持って来う
おきあげ 村雨 ほら、おきあげくっつお
おさめぇる 捕まえる やっと犬こをおさめえた
おそふき 雪に用いる藁靴 (おそぼ)とも言う
おじぎ 挨拶 お客さまに早くおじぎしろ
おじんつぁ おじいさん (おじんつぁま)
おつけ お汁(おづけ) ご飯におつけかけて食うべ
おっける 置く ここに本おっける
おっちゃ お父さん (おっつぁん)とも言う(浜)
おてらさま 和尚さん きょうは彼岸だからおてらさま来るぞ
おでんとはん 太陽 おでんとはんが出たから起きろよ
おと(おとっこ) 赤ん坊 (おど)おどをうぶえよ(おんぶしなさいよ)
おどがぁい あご(おどげ) (おどげ)あれ、おどげがはずれた
おどーじる 落ちる 太郎のやつ木からおどーちゃ
おどっつあ お父さん おど(と)つぁん、おとっちゃあ、おとっちゃん
おどのもり 子守 おどのもりの歌がきこえた
おばさる 負われる おばさ(おばさん)におばさって行く
おばんちゃん 祖母さん おばんちゃんはやさしがった
おべんちゃら 多弁、へつらい そだ、おべんちゃら言うんでねえ
おぼこ 赤ん坊 ほんとにめごいおぼこだなィ(可愛い赤んぼうですね)
おらぁげぇ 私の家 おらげぇさ遊びに来う
おんじねー 私でない そんなごとおんじねー
おんつぁやろー 馬鹿野郎 このおんつぁやろー
おんつぁれる 叱られる おんつぁんにおんつぁれるぞ
おんなれ おいでなさい おら家さおんなれよ
カ行  
かぁながし 溺死者 (かぁながれ)俺かァながれ見て来た
かあまし 洪水 いやぁこの雨でかあましだ
かかりご 後継者、相続人 こいつは俺ら家のかかりごだい
かさこ おできの治りかけ おらえのややこのかさこもよくなったぞィ
がさやぶ 草むら そごらはがさやぶだ、気ィつけろー
かたっきり 全然 あいつはあれがらたっきり来ねな
かどい なつかない この鳥はとてもかどい鳥だわい
かな(いと) 木綿糸 かな糸で蛙をしばった
がなる どなる うんとがなってみろ
かぶっちゃない かびが生えたね あれ、また鰹節かぶっちゃない
かみごと 休日(村で決めた日) あすはかみごとでござっすよう
がむし げんごろう虫 がむし三匹とったぞい
かよこ 鰻の稚魚 かよこいっぺえいるぞう
からすのきんたま かまきりの卵 からすのきんたまめっけたぞお
からっきり(し) 全然、まるで 仕事っつうどからっきりだめだ
からまり 辺り あのからまりにはさっぱし魚は居ねえぞ
がらんぽ 空っぽ どっちの手の中がらんぽだ
かるこい 軽い この子はとてもかるこいナ
かれっぽ 枯枝 かれっぽ拾って来い(かれんぼ)南、中、浜
かんかち やけど (かんかぢ)かんかち野郎(やけどをした人)
がんけ 向え小山のがんけつのつつじ及びなければ見て暮らす
がんこいこい やぶじらみ(動物) (がんこじこ)とも言う
がんこら(ごら) うつろ、洞 (がんころ)とも言う(会)
がんぜん 事実 それはがんぜんあったことだ
かんだち かんだち雨が降る
かんちゅしる やけどする 気つけねどかんちゅしるぞ
かんにゃぶ 蜷(にな)(川にいる巻貝) (かんにゃぼ)浜(かんにゅぶ)北(かんにょぶ)北、中
かんにんない ごめんね 悪りがったな、かんにんない(かんべんないとも言う)
きあした 来ました 昨日きあしたよ
きじり 薪置場 炉の口(木尻)きじりよくはいておけ
きっとしていろ 動くな しばるまできっとしてろよ
きんにぇ 切れない このなまくら刀はきんにぇな
くいぬけ 大食 このくいぬけったらきりがねえ
くいよ ください このおれにくいよ
ぐいら 不意に、急に 車がぐいらと曲がったんだ
くえっか くれようか このざくろくえっか、ん、くえよ(くださ い)
くさぶか 草むら ぎんす(きりぎりす)ほごの草ぶかてないてんぞ
くそひび(くそへび) まむし(蛇) くそ=恐ろしいという意味の接頭語
くたっしょ ください (くだっしょ)(くだれ)とも言う
くなはんしょ ください くなれ(浜)くなんしょ(会、南、中)
くぼのえぇず くもの糸 くぼのええずはった(くもの糸はった)
くらすける 打つ、たたく 悪いやっだくらすけるぞくらせる(中、北、南)くらつける(浜、会、北)
くんされ ください くんしょ(会、北)くんちゃい(浜)くんちぇい(県内)くんつぁんしょ(会、中)くんつぇー(会、北、中)くんにゃい(南、浜、北)くんネー(浜)
けえ 食え ほら、これけえ(食べなさい)
げぁぇる げぁーる(中、南、北)けぇーる(会、南)げぇーる(浜、北、中、南)
けぁーこ けぇーがら(県内)
げいに(げぇだ) 多く こだげいにもらってすまねえなし
げぇあーに 沢山 土産物がげぇあーにあるぞい
けえさっつぁま 巡査 ほら、けいさっつぁま来らったぞ
けえーもの 買物 町っちゃ行ってけぇーものしてくっぺ
げえーる 殿さまげえーるが居たぞ
けそけそ 平然と 地震でもけそけそしている
けっぺずる 削りとる 畑の土をけっぺずる
けむてえ けむい とでもけむてえくて風呂たがんにえ
げんちょも けれども 呼んだげんちょも返事がねえ
げんじょも けれども それはそうだげんじょもなあ(げんじも) (げんとも)(南、浜、会、中)
ごいら 突然、ぐっと いやぁごいら水が出た
こうべい 格好、勾配、身のこなし ごえっと(北、南、中、会)ごえら(会、北、浜)
    とてもあいつのこーべいはいいな
こおのけ(げ) 眉毛 黒いこおのけだごど
こぎる 値切る 夜店で品物をうんとこぎれよ
こぐ 歩いて川を渡る そこからは川をこぐんだぞ
ごさい(こさい) お出でください(敬語) 遠慮しねでごさい
こざき 粉米(粉裂) こざき届けて置いてくなんしょ
ごさ(さ)んしょ お出でください 早くこっちゃござんしょ
ごしゃやける 腹が立つ おらごしゃやける、裏のかぼちゃが盗まれた(相馬民謡)
ごせやぐ 立腹する ごせばらやける(県内)ごせする(会)
こだごど こんなところ こだどこと思わねえがった
こばかくせえ 馬鹿馬鹿しい 全くこばかくせぇ話だべ
こぶしもち 拳骨(げんこつ) こぶしもちくれるぞ
これっばかし こればかり、少し これっぱか(会、中、北)これっぱっこ(浜、北、中)
こんだら これなら こんだらいいべ
こんつら こんな こんつらもの捨ててしまえ
サ行  
さえなら さようなら ほんじゃまあさえなら
さぎっぽ(い) 先端 柿の木のさぎっぽをもぎった
さくず 米ぬか いいさくずだない
さすけーねー 差し支えない ちっともさすけーねーぞィ
さっぽど(と) きれいに 床やさ行ってさっぱどして来う(来い)
さなぶり 田植え休み あしたはさなぶりだよ
ざらかき 落葉かき 裏山さざらかきに行くべ
さるほ あせびの木 (あしびの木)さるほめっけたぞ(見つけたよ)
ざんめぁしる(する) 遠慮する(三昧) ご馳走になるときなどざんめぁしてくんなしょ(かまわないでください)と言
し(ひの訛り) 風呂のしたげよ
しが つらら 花のようになる樹木の霜を言う(つらら)
ししゃね しらない そたことおらししゃね(そんなこと私は知らない)
ししょびき 塩引 ほのししょびき何ぼだぁ(ほの=その)
しじみっけぇー しじみ貝 しじみっけぇーいらねがい
したがら それだから したがらやめろっちゅーだ(それだかたやめろと言うのだ)
しちゃばく ひき裂く 清書しちゃばくでねえぞ
じっきに 直ぐに、忽ち 薬つけだからじっきに治っかんな
しっぱたぐ 叩く 馬鹿にしっとしっぱたぐぞ
しななんねぇ しなければならない (しなんねえ)当番をしななんねぇ
しばし 火箸 早くしばし持ってきな
しびた へた(植物) なすのしびた
しぼ(こ)(ひぼこ) 早くしぼこでしばれ
しゃくがね 物差し、曲尺 しゃくがね忘れる大工あっか
じゃじゃんぼ 葬式 じゃじゃんぼがとおるぞ(じゃらんぼとも言う)(中、浜、会)
しゃねえ しらない ほだこと俺しゃねえ
しょーし(い) 恥ずかしい そんなごとおらしょーしなぁ
しょで しょでにはそんなごとなかったな
じょーり 草履(ぞうり) じょーりはいて行げよ(じょんじょとも言う)(南、会)
じょーんだ 上手だ おまえの踊りはじょーんだじょーんだ
じんけさま 巡査 ほら、じんけさま来らったぞ
しんでねーぞ するのではないよ そだ悪いごとしんでねぇぞ
しんぺ 梢(しんぽい) 木のしんぺおっぽれ(梢を折れ)
しんぺぇ 心配 しんぺえしっこどねえで(することないよ)
しんぼう まじめ あいづはしんぼう者だもんな
すいしろ 風呂(据風呂) すいっしょ(浜、北)すぇひよ(会、南)
ずいら 突然 ずいら飛び出して来たんだぞい
ずうばこ 重箱 ずうばこ持って遊びさ行げ
すかっぱた 海岸、砂浜 早くすかっぱたへ行くべ
すかな すかんぽ、すいば すかな取りに行かねか
すがり 蜂の一種 いたずらしっとすがりにさされるぞ
すぎほこ すぐ其処 ○○やんの家はすぎほこだ
ずぐらめる 図にのってえらぶる ちっとよくなっとずくらめるやつが居る
ずっつぁ お祖父さん ずっつぁにお茶あげろ
すってんぺん 頂上 山のすってんぺんに雪がある
すないも じゃがいも 家のすないもはうめえなぁ
すもとりばな すみれ (相撲取花)すもとりばな取りに行くべ
ずら でたらめ そだずら語んな(でたらめ言うな、ずらこき)
すんぎゃね 杉やに すんぎゃねねばねばだ
ずんち 馬追虫 ずんちゃ三匹とったぞい
すんなめずる すべる 風呂場ですんなめずって痛くした
せえ おかげ 優勝したのはあの人のせえだ
せきど 墓石(せきとー) らんばのせきどさ花あげろ
せきり せきれい(鳥) うづぐしせきりないている
せちがら 肉のあぶら揚げ 猪のちせがらはとでもうめいぞい
せな 兄、年長の男、主人、若い男 おら家のせなさんが行くど(兄が行くよ) せなさ(中)せなさま(北、中)
せでこう 連れて来い こんどおら家させでこうな(来なさいよ)
せてんげ 連れて行きなさい 祭りさせてんげよ
ぜね 銭(ぜんぜ) 飴買うぜねもって来いよ
せばっち 狭い この家はせばっちない
せわしい 騒がしい、うるさい せわしい日だ(せわしねぇ)(会、北、中)
せんぎ まえに(せんに) (せんぎな)せんぎ東京さ行ったことあるぞい
そうがし そうですか そうがし(会、北)そーがーも(会)そうがん(中、会、南、浜)
そげ そうですか ああ、そうげ、よがったなぁ
そうしっちゅうど そうすると そうしっちゅうどいいんだわい(そうしっと)も同意
そぜえにする 粗末にする 年寄りをそぜえにするもんでねい
そだもの(そだがな) そんなもの そだものいんね(いらない)(そだらもの)
そうだない そうではない 牛だなんて、そうだないぞい、馬だぞい
そうだべっちゃ そうでしょう そうだっぱいともいう
そうだっぺぇがした そうだろうかしら 大丈夫だっつうんだ、そうだっぺえがした
そっこそっこ こっそり、静かに やや起ぎっからそっこそっこ歩け
そったこと そんなこと そったこと俺はわかんね
そっちゃ そちらへ 早くそっちゃ持って行げ
そっちゅう 度々 そっちゅう失敗ばかしてんだ
そうでごす そうでございます (敬語)戦死なさったそうでごす
そうでねえーてば そうでないですよ そうでねえーてばおめは馬鹿だなあ
そればし(それっぱり) そればかり それっばしではしょうあんめ
そんじゃ それでは そんじゃ一緒に行くべ
そんま 早速に、すぐに そんま来たのにはびっくりしたわい
タ行  
たあら たあらさつめてくれろ
だぁぃろ いやです そんなことだぁぃろ(いやだ、誰がきくものか)だぁれぇ(中、南、浜、北) だえろ(南、中、北)
だいまどじょう 大型のどじょう こいづはだいまどじょうだ
だえろ 鍋牛(かたつむり) たぇろたぇろ(北)だぇろだえろ(浜)
だぇわんぼうず 禿頭病 あいづだぇわんぼうずになった
たかあし 竹馬(高足) (たがあし)ともいう
たがく 持ちあげる ほら、ほっちの方だがくんだ
だがさる 抱かれる 赤ん坊がぱっぱに抱かさる
たかとう 大根おろしの汁 今夜はたかとうめしだ
たかり ○○人の意味 貧乏たかり、欲たかり、臆病たかり
たたきおちる 強く落ちる 木からたたきおっちゃ
たたきのめす なぐる 言うごと聞かねとたたきのめすぞ
たちぶるめ 旅立ちのときのごちそう たちぶるめ食べてくんなしょ
たっぺ すべるところ たっぺすべりさ行くべ(たっぺすべり)
たてあげ 小作米 たてあげを持って行ぐ
たてめえ 家の上棟 きょうは本家のたてめえだ
たまげて 大変に あの女たまげてきれいだ
たゆーさま 神主さま あのたゆーさまもこ(婿)さまだと
だら ○○なら あの人んどこだら嫁に行ってもいい
だら 人糞、下肥 あのやつはだらかつぎしている
たらのまね ふざけたまね こら、たらのまねしんでねぇ
たんがら 背負いかご たんがらかついで来うよ
たんたん 足袋(幼児語) たんたんはいて来たのがい
たんにぇ 足りない あれ、一つたんにえぞ
たんと 沢山 こんど来っとき、たんと持って来な
たんねる 尋ねる こんどたんねて行くがら
たんのぐろ 水田の畔 たんのぐろ歩ぐんでねぇぞ
たんべ 唾啖 たんべくっつけるぞ(つばをつけるよ)
たんぽんぽ たんぽぽ たんぽんぽにさわんなよ
たんまげる 驚いた おゝたんまげだもんだ
じぐねる ふざける この子はすぐにじぐねる
ちちゃこい 小さい ちーちゃこい(浜、中、北)ちっきい(会、中)
ちっちゃい 小さい(ちっちい) ちっちゃこい(南、会、中、北)
ちびらちびら すこしずつ ちびらちびら酒のんでる
ちみぎる(つみぎる) つねる あいでだ、ほだにちみぎるもんでねえ
ちゃがむ かゞむ (しゃがむ)前の方さちゃがむといい
ちゃっぷ(ぽ) 帽子 暑いがらちゃっぷかぶれよ
じょうぐち 門口(錠口) 夜はじょうぐちをよく締めろよ
ちょーす もて遊ぶ そいずあんまりちょーすなよ
ちんぐと(ちんと) わずか、少し 俺さもちんくとくんにゃ
ちんちぇ 小さい ちんちぇ奴だな
じんつぁ お祖父さん じんつぁ来らっしぇ(おいでなさい)
ちんと 少し ちんとわけてくれ
ちんとま ちょっとの間 ちんとま待っていろ
ちんぽけ(ちんぽけんな) 小さいこと あの木はちんぽけだな
づーえる 茎の中が空になる 大根さづーえった
つかい棒 心張り棒 つかい棒をかっとけよ
つけやげ 天ぷら こん夜のおかずはつけやげだ
つそ(ちそ) しそ(植物) つそがよく漬いたぞ
つつころ 土塊 つつころをどけろ(つちころをよけなさい)
つぶ たにし つぶや つぶや からつぶや (わらべ歌)
つぶりけ 髪の毛 いいつぶりけしてやんな
つれるわん 釣れるよ きょうは魚がうんとつれるわん
ずんない(ずない) 大きい づんねえ(中、会、浜、北)鯉だ
つんぬき 袖なし 寒いからつんぬき着てけ(行け)
つんのめす 突き転ばす ちっちゃい子をつんのめす
づんむぐる 水中に没する 頭までづんむぐってしまった
でぁえく 大工(でえぁく) 俺の兄は舟でぁえーくだよ
でぇーどこ 台所 でぇーどこにねずみが出た
でがさない(ねえ) きまり悪い、具合が悪い あの人に会うのはちっとでがさないな
でくのぼう ぼんやりもの あれはでくのぼうで役に立たね
でげえ 大きい とてもでげえ狐だったぞ
てしょう 小皿(手塩皿) おてしょうに取れよ
でっちがる 腰を下す そこにでっちがって居ろ
てっちょう 上の方 もっとてっちょうの方さ投げろ
てっぺ(ん) 峯頂 山のてっぺに光っとこがある
てっぽ 筒袖 てっぽの着物着せらっちゃ
でなづき 出額(ひたい) あの子はでなづきだ
でんきんばしら 電信柱 でんきんばしらにせみとまった
でんぐらかえる ひっくりかえる 坂道ででんぐらかえった
てんこもり 山もり、一杯 てんこもりの飯たべた(てっこもり)
てんとさま お日さま てんとさまのある中歩くべ
とおみぎ とうもろこし とおみぎゆでだがら食べろよ
とおちゃん お父さん とおちゃんとかあちゃんとおれの三人
とおてーばしゃ 客馬車(トテ馬車) とおてーばしゃさ乗って飯坂さ行くべ
とおねこ(とおねっこ) 仔馬(当年子) とおねこが三匹あるぞい
どおんじ 道理で どおんじ来ねえと思った
どこさ 何処へ 金槌はどこさ置いてきたんだ
どこにもかごにも 何処にでも どこにもかごにも花咲いて居るぞ
どせえこせえ 結局、いっそのこと どせえこせえ、ばっさりと切ったらええ
どうだっぺえ どうだろうか どうだっぺえ嫁にくれては
とっさえぐ 取りに行く わらびとっさ行くべ(とっしゃえぐ)浜、北、中、南
どっちゃ どこへ どっちゃ行くのがえ(どこえ行くのですか)
とづく 届く 天井にとづくわい
どっくち 毒舌、悪口 そだにどっくち言っていいのか
とっけし 鶏の冠、とさか とっけち(中、浜、北)とっけぢ(中、北)
とっこ そそかしい者 あいつはとてもとっこなやっでない
とっと(幼児語) 鳥、鶏 とっとこ(北)とっとこい(南、中)とっとめ(浜、南)
とっぱぐる し損じる ほだ手つきではとっぱぐるぞ
とっぷ(幼児語) 豆腐 とっぷ食うか
とでづもない とんでもない そだごどとでづもない話だ
とねっこ 一才の仔馬 とてもめんこいとねっこだぞい
どのる 腹痛などがおちつくこと すぐどのるからこの薬を飲むどいい
どろ 大きいとんぼ ほら、どろが飛んでぇぐぞ
とんずく とどくこと 夕方までにとんずくべ(届くでしょう)
とんがらし 唐辛 七色とんがらし、よがったがい(いりませんか)
とんのけえし 鳥の糞 とんのけえしくっついたぞ
ナ行  
なぁしょ 苗代 みんな、なあしょさ行ったわい
ないっちゃー ないということはない ないっちゃーねぇべよ
なえ ね(他人に同意を求める) きょうはとても寒いなぇ(寒いですね)
なえばえ 無いだろう そうでなえばえ(そうではないでしょう)
ながってる 捨ててある 本が道にながってるぞい
なきめそ 泣きやすい子 なぎみそ(北、南)この子はなきめそだな
なぐろぶつ 波がうねる (波畔打つ)なぐろっぶっそう
なご いなご ことしゃ(今年)なごいねぇな
なごい なっこい とてもなごい犬だわい
なこど なこうど なこどさま来たぞい
なし(敬語) もう遅くなったなし(もう遅くなったね)
なして なぜ なして行ぐんだ(なぜ行くのか)
なじょうだが どうだか ほんなごとなじょうだか(そんなことどうだかわからない)
なじょったい どうだがね この図案の出来はなじょったい
なす 産む 赤ん坊なすに家さ行った
なす 返す 借りた物は早くなすもんだい
なた くそ ここになたがあるぞ
ななこな 目茶目茶に うわー、ななこなにぼっこちゃぞ(いやあ、目茶目茶にこわれてしまったよ)
なまらはんじゃく 未熟 なまらはんじゃくのくせに生意気言うな
なや 遅くなったなや
ならほど なるほど ならほどその通りだ
なんこ お手玉 なんことしりっぺ(お手玉取りして遊びましょう)
なんせ 何しろ なんせ遠いもんだからいかんにぃ
なんちゅう 何という なんちゅうひどいやつだ
なんちゅうごったべ 何としたことだ まあ、なんちゅうごったべ
なんちゅっても 何と言っても なんちゅってもそいづは駄目だ
なんつ 何という、どうした なんつ馬鹿らしいこった
なんのじ 案の条 なんのじやったなあいづは
にくも おでき かまねでいだらにくもがでっかくなっちまった
にげえ 苦い にげぁい(北、会)にげぇ薬だな、にんげえ(浜)
にさ お前(汝) にさ、どこさ行くんだ
にゃんこ 猫(幼児語) にゃにゃ(北、浜、中)にゃーにゃこ(北、中)
にんぎゃか 賑か にんぎゃかなお祭りだ行ってみろ
ぬかす(卑語) 言う こいつ何ぬかすか
ぬくい(ぬぐい) 暖い きょうはほんとぬくい日だな
ぬさる 乗る 車にぬさって行げよ
ぬた どろどろしたもの ぬたおとして鯰をやけ
ねぇ 無い おれ、銭がねえ
ねぇべが ないでしょうか みんなら、そうでねぇべが
ねげられる 逃げられる ぼやぼやしてたらとんぼにねげられるぞ
ねしょんべこく 寝小便をする この野郎ねしょんべこいだな
ねちくちしる ためらう、ぐずく 女みたいにねちくちしるんでねえてば(女みたいにくずくずするんでないよ)
ねづい(ねづこい) 丁寧、熱心、くどい あれの仕事は全くねつい
ねぶか ねぎ(根深) ねぼか(中)ねぶか掘ってこう
ねんねこ 赤ん坊 お前はいつまでもねんねこだない
のごー ぬぐう でろをのごー(泥をぬぐう)
のこじ(ず)り 鋸、のこぎり のこずり(浜、北、南、中)持ってこい
のだしに むやみに ほだに、のだしに叱るな
のっつお 大きい体の能なし われはのっつおで困る
のっぺらぼ 能なし あれはのっぺらぼだ
のたばる 長々とのびる 炬燵さのたばってやすめ
のろけ のろまな者 あいつはのろけものだ
のんの お寺さま (のんさ)とも言う
ハ行  
はぐた 端切れ、半ばもの この紙は、はぐただ
はぐった 間違った 試験にはっぐっちまった
はせ 稲かけ はせに稲かけろよ、はで(会、南)
はそんしる 修繕する 破損するが修繕に変わったもの(珍しい方言の一つ)
はた(だ)いも 里芋 はだいも(北、中)はたいもを掘っぺ
はだつ 始める さぁ、仕事をはだっぺぇ
ばち ハヂ(北、会)バチ(蜂)バゾ(会)
ばっけ 分家 あそこは俺家のばっけだわい
はっこー 早く来い 雨が降っからはっこーよう
ばったんしる 脱線する 汽車がばったんしたぞ
ばっち お祖父さん ばっちが来たぞい
ばっぱ お祖母さん ばっぱが来たぞい
はなぐら いびき ぢっちのはなぐらでかい(大きい)
はなど あれのはなどは団子っ鼻だない
ぱぱ 煙草 ぱぱのんでうまいのが
ばば 糞、大便 ばばして来いよ
ばばちゃん お祖母さん ばばちゃんにおんぶする
ばばちょ 便所(幼児語) ばばちょさ行って来い
ばやえこ(ばやっこ) 奮い合う 子どもとばやえこしんな(するな)
ばんげ 夕方、夜、こんばん あのばんげに火事あったな
ばんげしな 夕方 ほんじゃばんげしな寄ってくれろ
ばんげたっこ 交る交る ほんでは、ばんげにたっこに行くべよ
(ばんげぇこ)   (そんでは、交りばんこに行きましょう)
ばんこ 袖無しの着物(綿入れ) いいばんこ着て来たごと
はんしょはんしょ 半死半生 はんしょはんしょにぶったたく
ばんちゃあ お祖母さん ばんちゃん(北、浜)おばんちゃあ来たぞし
ばんどし 夕飯の支度 ばんどしはじめっか(はじめようか)
はんどまい 表障子 早くはんどまいを開けろ
はんな 馬の口なわ 馬にはんなつけろ
ひがして 東の方 ひがしてに柿の木がある家
びこたこ 不ぞろい あの子はびこたこの下駄はいてるぞ
ひして 一日中 ひしてだけ休むことにしっぺ
びしゃあつける 叱りつける びしゃあっけっちゃっぺ(叱られたろう)
ひじゃかぶ 膝がしら ひざかぶ(県内)ぶっつけた
ひたき つば 馬鹿にしっとひたきかけっつお
びだ(卑語) 女子 ぴた(中、浜)びたい(会、中)
ひっこき 兵児帯び ひっこきを下げている
びっこびっこ 片足飛び びっこびっこしなしいか
びったげた 駒下駄  
びっちゃ 水たまり、ぬかるみ びっちゃこ(北、中、会、南)びっきゃこ(中、会)
ひとかたぎ 一食 ひとかたぎの飯でもありがでな
ひとっきり 一旦、しばらく ひとっきり雨もやんだ
ひなくさい 焦げくさい、きなくさい なんだかひなくさいぞ、よっく見ろ
ひびす さなぎ これ、ひびすだっぺぃ(さなぎでしょう)ひびつ(県内)ひびっつ(南)
ひよごる 小便をする そこらにしょんべんひよごるな
ひょうなご にわとりのひな めんごいひょうなごだない
びり 最後、最下等 びりかす(北、会)びりけっ(県内)
ひるまっから 昼すぎ ひるまっから遊びさ行ぐぞ
びれる 甘える そだにびれるでねぇ
ひろったちわい 拾ったそうです 五銭ひろったちわい
ひんまげる 曲げる(ひんは強意) あれ、顔ひんまげたぞ
ふくしい ゆたかな あの家はふくしい家だ
ぶくる 打つ、追う 犬っこぶっくった(犬を打った)
ぶすきのこ 食われぬきのこ これはぶすきのこだ、取んな
ふたつける 黙火する かまどさふたつけろ
ぶっかえる 倒れる 風で板べがぶっかえった
ふーずき ほおずき ふーずき鳴らすべ(鳴らそう)
ぶっきる 折る(強意) その杖ぶっきれ(ぶっきょれとも言う)中、南
ふっさぁける 裂ける 喧嘩して袖ふっさぁけたんだ
ぶっさく 打ち壊す この箱ぶっさくぞ
ぶっしゃせ 不幸 あれは、ほんにぶっしゃせなやっだった
ぶっせ 自然に生えた苗 ぶっせがいっぱいだ
ぶったらない ささらない(杭打ち) この土は堅くてぶったさらないな
ぶてえら 平でないこと(地面) この辺はとてもぶでえらなことだナ
ぶゆ(ぶよ) かげろう、ぶと ぶゆ居っから食われんなよ
フランケ 毛布 Blankat の略転 フランケかけて寝ろ
ぶんこ 机(文庫) ぶんこで勉強せい
ぶんこい 杭(棒杭) ぶんごいぶて(打て)
でしょう 寝ぼうしたんだべ
べー でしょう、う おらも行って見べー
へいがさ へいがさにつたがいっぺいはってたわぃ
ぺえぎり 燃料の木 ぺえぎりも積んで正月待つばかりだ
べえご 赤べえこ鳴くぞ、べこ(県内)
へえならし 灰かき(ならし) へえかき(中、浜、北、南)もって来い
べそっと ぐっと、少量に 雪がべそっと減った
べそっと 平気、静かに あいつべそっとしているぞ
へそび(へすび) 鍋の墨 鍋のへそびをはがしておげ
へっつい かまど へっついのわきで猫寝てるぞ
へでもねぇ(へでなし) つまらないこと ほだへでもねえごと言ってんでねえぞ
べらこ(べらっこ) 赤ん坊 あそこのべらこは丈夫だな
ぺろっと 平気で、皆 この野郎三皿ぺろっと食った
へんぞる まがる へんぞった物指は役に立たね
べんちゃら 多弁、追従 あいつは全くおべんちゃらだな
へんめ 草の中に大きいへんめいた
ほいぎょ 庖丁(ほいじょ) ほいちょ(会、浜、中、北)ほいじょう(県内)
ほいつ それ、そいつ ほいつは何だい
ほいと(ど) 乞食 ほれ、ほいとが来たぞ
ぽうぽい あたたかい 今日はほんとうにぽうぽいな
ほかい 飯櫃、木はち ほかいさ飯あけろよ
ほきる 萠える、茂る 桑がよくほきた
ぼくどお 大きな棒 ぼくどおでぶんなぐれ
ほさかぶ ほさかぶに逃げろ
ほだ そうだ ほだぁ(中、北、南、浜)ほだごど嘘だ
ほだじゃじ そんな話です ああ、ほだじゃじよ
ほだもの そうなんですもの だっと(だけど)ほだもの仕方ねえべ
ぼちょこれる こわれる そだに振りまわすとぼちょこれる
ほったぶ 赤いほったぶだ(ほおたぶ)
ほっちこっち そちらこちら ほっちこっち直さなくてなんね
ほでねえ そうでない それは、ほでねえぞい
ほとけたて 法会(仏立) きょうはほとけたてだ
ほぼほぼ たくさん じんぎ(遠慮)しねでほぼほぼ食べなよ
ほまち へそくり金 それが婆さんのほまちだとさ
ほや 寄生木 山でほやめっけたぞ(見つけたよ)
ほれみろ それ見なさい ほれみろ、だから行ぐなといったべ
ほんじ 漢字(本字) ほんじ書かれっか(書かれますか)
ほんしき 本気、本降り この雨、ほんしきだべか(本降りだろうか)
ほんだら それなら ほんだらお前は行きな
ほんでも(は) それでは ほんでは駄目でねぇがァ
ほんじゃから それだから ほんじゃがら失敗しんだ(失敗するのだ)
ほんじゃらばまず 左様なら (人との別れの時の挨拶言葉)
ほんに 本当に それは、ほんにか
ほんにょ 本当に うー、ほんにょうまい餠だ
ぼんめ 乾昆布 ぼんめかたづけろや
マ行  
まいよー 弁償 まぁえ(北)まよう(北)
まける 水をあける まげる(こぼす)(南)桶の水まけるぞい
まじく 悪口を言う あの人をそだにまじくな
まっかちゃっか 真紅 夕焼雲がまっかちゃっかだ
まつご 松の実、松毬 まっごり(中)まつざら(南、浜)
まっちる 真白 橋の上は霜でまっちろだ
まっちろ 真白 山はまっちろだ
まっつぐ 正面、真直 まっつぐは拝殿だ、性質はまっつぐだ
まてい(までえ) 丁寧 まてい(県内)までぃー(浜、中、会)
までる かたづける ここの荷物をまでてくれ
まにゃわね 駄目だ、間にあわない (役に立たない)あんだは弱いからまにゃわね
まぶる 守る、見張る 猫が来っからよっくらまぶってろ
まま まま食うぞ
まみげ 眉毛 うの子のまみげは可愛いな
まるこい 円い まるこい石いっぱい拾った
まんま 食べ物(幼児語) まんまくなっしょ(ください)
まんまごと ままごと まんまごとしっぺー(しましょう)
みぎっか 右側 危ねがらみぎっか歩けよ
みし 飯(めし) 焼きみし五つ作ってくろ(作ってください)
みせぇ(みっせ) 見なさい あれみせぇ、ええ馬だ(よい馬だ)
みたえな ・・・のような 竜みたいえな雲だべした
みみご 寒くてみみごがもげそうだ
みよ入り 仏具、じゃらんぽん ほらっみよ入りが鳴ったぞ
むかりどき 第一回の誕生日 むがれつき(浜)むんがづき(浜)
むぐろ もぐら この畑にずいぶんむぐろがいるぞ
むさんこに むやみに むさんこに買うんでねぇ
むじり 筒袖の着物 むじり出来たから着てげ(着て行きなさい)
むそい(むすい) 長持ちする この下駄はむそかった
むっくらおき 起床するとすぐ むっくらおきに町さ行って来た
むっしょ むしろ そこさむっしょすけ
むでっぱ 乱暴、無手っ法 そんなむでっぱしんでねぇ
むなくさ 気分、胸の中 どうもむなくさ悪くてしょうね
むめもと むなもと(中、浜、北、南)
めぁい まゆ(繭) ことしのめぁいはいいようだ
めぁーだれ 前垂 めぁーだれかけて来うよ(来いよ)
めぇーり お詣り お寺めぇーりさ行くべ
めっかる 見つかる 遊んでっとこめっかった
めんげー 可愛い あいつはめんげー奴だ(めんこい)
めんご おとなしい子 おまえはめんごだなぁ
もえ たらのもえを取っぺ
もこ(もご) 婿 こんど来たもこさま見たか
もこう 向う もこうさ行って話すべ
もーしあげる さしあげる 盃一つもーしあげます
もじる 縄などをなう 縄もじりしてすけろや(手伝えよ)
もだ もだに引っからまって血が出た
もてる 分けつする ことしの稲はさっぱりもてね(分つけしない)
もめじ 紅葉 もめじとり行こう
もろ 青鮫 あのふち(淵)にはもろがいる
もんき もず 霧ん中でもんきが鳴くぞ
もんぐらもじ もぐら(動物) 畑の中もんぐらもじ歩いだわい
もんず もず もんずが鳴いてたべ
もんだ ・・・なさい もう少し勉強するもんだ(勉強しなさいよ)
ヤ行  
やかばね 家の構え あそこのやかばねは大したもんだ
やかむ しっとする 人のことやかんでも仕様あんめぇ
やくやく わざわざ やくやく来なくてもええ
やだ いやだ 見合いなんかやだなぁ
やっから するから・・・ 俺がやっからいいで(するからいいよ)
やっけぇ 柔らかい(やっこい) やっけぇ豆腐だ
やっけぇ やっかい どれどれ、やっけな奴だ
やっさり 度々、しきりに やっさり訪ねて行った
やったがい やりましたかい 柔道やったがい
やっちゃくっちゃ ごたごたする ほんでやっちゃくっちゃしてんだ
やっぴし 度々、毎度 やっぴしお世話になってやす
やど 夫を呼ぶ語 俺家のやどはまあだ帰って来ねでば
やぶれる 暴れる 酔っぱらいが店先でやぶれている
やまがち やまかがし(蛇) やまがちへび(県内)
やまどじょう 山椒魚、鰌(どじょう) やまどじょうつかまえっぺ
やまのおんつぁん 猿(山の小父様) やまのおんつぁん来たぞ
やりなんしょ やりなさい おめさんもやりなんしょ
やんだ 嫌だ おらやんだ
ゆいこ 仕事の助けあい 明日俺とゆいこしねいが
ゆいげぇし 助けられたお礼 そんどきのゆいげえーしをしたんだわい
ゆうはり 夜業 きょうもゆうはりだぞ
ゆだれかけ よだれかけ ゆだれたらすからゆだれかけかけろ
ゆっつける 結ぶ それは車にゆっつけておけ
ゆぶい けむたい(煙) なんだってゆぶいなこのかまど
ゆうべな 夕べ、昨夜 ゆうべな大きな地震があった
ゆもみ 風呂手拭い ゆもみ持ってきな
よあけさま 夜明方 あしたのよあけさまに来な
よえのばん 一昨晩(宵の晩) よえのばんに火事があった
よが 蚊(夜蚊) むやみによがが出てきたな
よがっぺぇ よいでしょう よがっぺした(北、中)
よくきたない よくいらっしゃいました 遠いどこよくきたない
よで(よでご) 末子(よてっこ) あればよでだからしょうね(しょうがない)
よまいごと 小言 そだよまいごとずーな(言うな)
ラ行  
らいさま 雷(らえぁさま) ほら、らいさまが鳴るぞ(れえさま)(浜)
らちもない とんでもない らちもない話だ
らじもなく 多く、非常に らじもなくお金を使ったんだと
りあす ・・・ります そうで御座りあす
れぇねん 来年 れぇねん卒業だ
ろくたま ろっくたま ろくに、正しく ろくたま見もしねぇくせして
ろくでね 意地悪な ろくでもねぇ男だ(ろくでなし)
ろーじ 庭園(露地) うちのろーじに咲いている
ワ行  
汝、おまえ わがわりんだぞ(悪)
わあら 君達 わあらはよかんべ
わあわ それ、わぁわがないでっぺ
わきくさ わきが わきくさでは夏困るべ
わざに(と) わざと わざにしたからかんべんしんね
わじゃに わざと わじゃにはぐったんだべ
わすら いたずら わすらしんでねぇぞ(するんじゃないよ)
わっか 自動車のわっかパンクした
わらしめら 子どもたち わらしめらはあっちで遊ばっしぇ(遊びなさい)
わらだ むしろ(藁蓋) 蚕のわらだ一枚もってこい
われ あなた われ使いさ行って来う
わんねい あなたの家(我が家) わんねいさ行くべ
 
んぐ(んぐ) 行く 家さんぐ
んぐべい 行こう 飲みさんぐべいょ
んだ そうだ 「んだったなぁ」「んだ」
んだか(が) そうですか 「んだが」「んだんだ」
んだげんとも そうだけれども んだってもと言う
んだってぱー そうでしょう(女語) んだっぱー、わだしもそう思うんだ
んだっぺー そうでしょう(女語) んだっぺー、俺は知ってるだー
んだべで そうでしょう(女語) んだべで、俺もそう思うんだ
んだとも そうだよ 「ほんとかい」「んだとも」
んだら それなら んだらおめも行くか
んじゃ それなら 急用かい、んじゃら行んから
んじゃから それだから んじゃから止めろといったのに
んでありゃしめえ そうではあるまい それは、んでありゃしめぇ
んでねぇ そうでない んでねぇ、そいつは嘘だで
んない そうでない 「これはお前の本か」「んない」
んなな ・・・のもの それは俺んななだ
んべ 負え(命令) 俺んどこんべ
んもれる 孵化する ひょっこがんもれるぞ