県中地域
方言 意味 用例
ア行  
あーだごど あんなこと あーだごと嘘だ
あい はい(返事) 湯さ入れよ、「あい」
あいよ 可愛いあいよだナ
あおのげ 仰向け 鼻血出だからあおのげに寝せどけ
あかいも じゃがいも(赤芋) あかいもゆでろ
あがっしゃぇ お食べなさい じんぎしねであがっしゃい(遠慮しないで食べなさい)
あがっせい 同、お入り下さい これあがっせい、ここさあがっせい
あかなす トマト(植物) ありぁ、あかなすなったや
あかはら いもり(動物)はや(魚) この池にあかはらいっつお、あかはら釣り
あがりくなる 明るくなる 間もなくあがりくなるぞ
あかまんま 赤飯 お祝にあかまんまたぐよ
あがんぼ 赤ん坊 ほれ、あがんぼ泣いでんでねぇがよ
あくしょ くしゃみ 悪口言われてあいつ今頃あくしょしてっぺ
あくたれ いたずら ほだあくたれ言うでねえ
あげす(あけず あけつ) とんぼ あげずとっしゃ行くべ(取りに行こう)
あしけんけ(ん) 片足とび あしけんけしっぺ(片足とびやろう)
あすばねーか 遊ばないか 君ちゃあすばねーか(君ちゃん遊ばないか)
あだがな あんなもの あだがなだめだ
あっか 有るか(疑問語) おめえの家に荷車あっか
あっかす(あっかん) ありますか 米あっかす(あっかせとも言う)
あっきゃー あらー、おやー あっきゃーたまげだごど(驚いたこと)
あっきゃげ 秋上げ、収穫 明日はあっきゃげだぞー
あずく あそこ あずくさ行ぐど蛇いっつお(蛇が居るよ)
あっけらぽん ぼんやり 何言われてもあっけらぽんだ
あったけえ 暖かい 藁小屋はあったけぇぞ
あっつおん あるよ、あります なんでもあっつおん(何でもあるよ)
あっところ ある所 あっところに山があったどさ
あっぱい あるでしょう そこにあっぱい(あっぺ あっぺぁ)(あっぺんも同じ)
あっぽ 大便、糞 わぁ、くせいくせいあっぽだ
あっぽや 大便所 あっぽやに行ってくっがら
あどががぁ 後妻 あれは、あどががぁだ
あなこ 穴(コは接続語) この銭にあなこあいでんな
あにゃ 兄(あんにゃ) あにゃいたがい
あねご あねご行ってくっかんなし
あねさま 年頃の娘 あねさまも嫁になっかい(嫁に行くのか)
あねさん 主婦 あねさんたのむぞし
あばっしゃい おいでなさい おれと一緒にあばっしゃい(あべ)
あぱとぱ そわそわする あんましあぱとぱしんでねえ
あぶり 水などあびること 川さ水あぶりに行くべ
あますずく 雨雫 あますずくたっから(垂る)こっちへ入れ
あまや 納屋 その薪はあまやに持ってげ
あまんぼ つらら うわぁあまんぼが下った(屋根などに)
あやしあぶら 石油 あやしあぶら入れて置けよ
あゆべ 行け 早くあゆべ
あらぐ(く) 余程(大分) あらぐ、ずなくなったなあー(よほど大きくなったね)
あらっぱ 手荒なこと そだにあらっぱにしんでねぇ
ありっこ (ありご)は全県的 ありっこいたぞ
あるけぇ あるかい そうだごとあるけえ
あれゃしたり あらまあ(驚く) (あれわしたり)とも言う
あわぶく 泡(ああぶく) かにがあわぶくだしてるぞ
あんかん 行火(あんか) 寒いからあんかんだいて寝っぺ
あんだんべ あるだろう そだごともあんだんべ(下の者に)
あんちゃ 息子、兄さん おめはどこのあんちゃだ 
あんちゃん 兄さん、息子 (あんつぁ)(あんつぁま)(あんさ)(あんにぁ)(あんにゃさん)とも言う
あんね あれはいいあんねだった
あんぽんたん 吊し柿(甘い) とてもあめぇあんぽんたんだぞい
あんめした あるまいよ そんな馬鹿にしたごとってあんめした
あんも 魚(または水)、幽霊 (子供たちの言葉)、あんもだぞー
いあぇづ 会津(地名) あんたはいあぇづの生まれだべ
いいやれる 叱られる そだごとすっとおやじにいいやれるぞ
いかっぺ(いがんべ) いいでしょう(よろしい) そいづはいかっぺ
いがねがん いきませんか 次郎やん、町さいがねがん
いぎてえ 行きたい 俺も芝居さいぎてえな
いきみ 産気、陣痛 ほれ、嫁こいきみだしだぞ
いくべぇ(いぐっぺぇ) 行きましょう 早くいくべえょ
いた あった ここに本がいたぞ
いだがん 居ましたか(いだげぇ) 山田のおんつぁんいだがん
いたましい 惜しい それ呉れんのはいたましいな
いっぴて 始終 ほんとにいっぴて世話かけるない
いっそお ばかり きょうは白菜いっそお持って来た
いなせー 気持ちが悪い とてもいなせーな
いやれる 叱られる、怒られる ほだごとしっとおんつぁんにいやれるぞ
いんからない 行きますからね 休みになったらいんからない
うすこ 蟻地獄 (うすこ)(うそこ)とも言う
うだべ そうでしょう (そだべ)とも言う
うっしょ あんだのうっしょにかくれてる
うっちかっておげ 投げ捨てておけ そだごとうっちゃっておげ
うぬ おまえ、汝 (うの)(うのら)とも言う
うら 便所 早くうらさ行ってやれ
うわっか 表面 うわっかの水は投げろよ
うろでえる あわてる 火事のどきはうろでえるもんでねぇ
うんこ 大便 うら(便所)さいってうんこたれろ
うんだうんだ そうだそうだ うんだうんだおめえの言う通りだよ
うんと たくさん お土産うんと持って来よ
えぁばんしょ おいでなさい おらえさえぁばんしょ(同)
えぃべした よいでしょう まあえいべした(えがんべ)
えぃまち けが、あやまち えぃまちしねよに気いつけろ
えがんにゃぇ 行かれない 家の都合でえがんにゃえない
えぐ 行く 俺も一緒にえぐぞ
えっきびだ 良い気味だ 見ろえっきびだ(にくたらしい者が、悪いことにあったときなど言う)
えーべん 良いでしょう 行がなくってえーべん
えるみでだ 居るようだ 何だがえるみでだ
えんがー 縁側 えんがーで遊ぶもんだ
えんがみた ひどい目にあった この仕事でえんがみたわい
えんのめぇ 家の前 えんのめえさ水まげよ
えんねえ いらない ほだちっちゃいのはえんねえ
おあいなんしょ 食べなさい さあさあ、おあいなんしょ
おあし おあしは大事にしろよ
おか お母さん (おかー)(おが)(おがが)(おかさ)(おがちゃ)
おっかね 恐ろしい おら、おっかねえなぁ(私、なんだか、恐ろしいな)
おかろ 長火鉢 いつもおかろの前で説教しらっちゃもんだ
おぎ(おき) 炭火 火おこすから早くおぎ持って来う
おきゃく 月経(女の生理) おまえにもおきゃくさま来らたかい
おきゃくさま ねずみ ほれ、おきゃくさま来たぞ
おおごどした 残念なことした 銭ほろっておおごどした(銭を落として残念なことをした)
おごわ 赤飯 おごわ持ってがんしょ(持って行きなさい)
おざった お出でなさった おば様が今おざった
おさめぇる 捕まえる やっと犬こさおさめえた
おさんせん お賽銭 お詣りのおさんせん忘れんなよ
おしょる 祈る 桜の木おしょるな
おじぎ あいさつ お客さまに早くおじぎしろ
おちる 降りる (「おりる」が落ちるに変っている)
おだぢ ごちそうを強いること おだぢしてやっから(無理に差し上げますから)
おぢる 落ちる 梅の実がおぢるぞ
おじんつぁ おぢいさん (おぢんつぁま)来だぞい
おっかねえ 恐ろしい 先生におっかねえ話聞かさっちゃ
おっける 置く ここに本おっける
おっこむ とりこむ 雨んなったから布団おっこめよ
おっこわす 壊す 花瓶をおっこわした
おっぱぐれる 連れに離れる お祭に行っておっちゃにおっぱぐれた
おつよ お汁 みょうがのおつよはうめえぞ(うまいよ)
おてらさま 和尚さん きょうは彼岸だがらおてらさま来るぞ
おと(おとっこ) 赤ん坊 (おど)おどをうぶえよ(おんぶしなさいよ)
おどがぁい あご(おどげ) (おどげ)あれ、おどげがはずれた
おどっつぁ お父さん (おど(と)つぁん)(おとっちゃあ)(おとっちゃん)
おなごいそおろお 女中 おなごいそおろおお頼もうす
おはようがす おはようございます (おはようがんす)(おはようごす)とも言う
おばんちゃん 祖母さん おばんちゃんはやさしがった
おひとつ お手玉 おひとつやんねがい
おぼこ 赤ん坊 ほんとにめごいおぼこだなイ(可愛い赤ん坊ですね)
おぼたて 出産見舞 隣のおぼたてにいってくっぺ(行ってきましょう)
おめぇー 本宅(母屋) おめぇーさ行くべ
おやがっつぁま 庄屋さま この人は俺の村のおやがっつぁまだぞ
おらぁげぇ 私の家 おらげぇさぁ遊びに来う
おんつぁやろー 馬鹿野郎 このおんつぁやろー
カ行  
かぁらけぽんぽ おきな草 裏の山にかぁらけぽんぽあっつお
かかりご 後継者、相続人 こいつは俺ら家のかかりごだい
がが 大工のががが泣いてたぞ
ががらし うるさい まったくかがらしめろこ(子ども)だない
かしっぽ あばた こら、かしっぽ野郎
かせる かぶれる 山を歩いてうるしのかせたんだ
かたす 片づける 自分のことは自分でかたせよ
かたびっこ 片足 この下駄はかたびっこだよ
かっこわり 恥ずかしい 本家さ行ぐのはかっこわり
かっつあぐ 爪で掻く 猫にいきなりかっつあがっつちゃ
かっぽじくる 掘る ほだに炬燵をかっぽじくんな
かで 飯にまぜて炊きこむもの この芋かでにしろや(かで飯)
がなる どなる うんとがなってみろ
かばねがきかね 仕事をきらう どうもかばねがきかねで困る(仕事ぎらいで困る)
かばねやみ 骨惜しみ 全くかばねやみだ
かぶつく 噛みつく にぐらしがらやつの腰かぶついでやったわい
かぶちゃ 南瓜 (かぼっちゃ)うわぁ、でかいかぶちゃだごど
かみごと 休日(村で決めた日) あすはかみごとでござっすよう
がめる ごまかす、盗む あいつ、よくがめるやつだ
からかじ ひばり からかじ鳴いでっつおい
からすのきんたま かまきりの卵 からすのきんたまめっけたぞお
からっきり(し) 全然、まるで 仕事っつうどからっきりだめだ
がらまり 辺り あのからまりにはさっぱし魚は居ねえぞ
かれっぽ 枯枝 かれっぽ拾って来い(かれんぼ)南、中、浜
かんかち やけど (かんかぢ)かんかち野郎(やけどをした人)
がんけ 向え小山のがんけのつつじ及びなければ見て暮らす
かんたら かなへび (かんたらへび)とも言う
がんぱ はげ 鍋の湯かぶあってかんぱした(はげになった)
かんぶかんぶ 頭を左右にゆる 坊やよい子だかんぶかんぶしてめせな(見せな)
キーキー 鼠(小児語) ほらキーキー来たぞ
きさんしょ お出でなさい(敬語) たまにはここさもきさんしょ
ぎったれ なまけ者 太郎はぎったれで困る
きっとおし 短気 あいつはきっとおしだ
きっとしていろ 動くな しばるまできっとしてろよ
きにょお 昨日 きにょお行って来たぞい
きのな 昨日ね きのな行ってきょう帰ってきたわい
きのーのばん 一昨夜 きのーのばんだっけな
きびきょ 急須(陶器) (きびしょ)(南、会、中)(きびっちょ)(県内)
ぎゅっきゅ じゃんけん ぎゅきゅしろ(きっつ)会
きりばん まないた しゃしみ(刺身)切っからきりばん持って来う
ぎんがり 雪すべりのため滑らかになった所 ぎんがりが光ってるない
くいがき 食事用意 早くくいがきしてくなんしょ
くいぬげ 大食 このくいぬげったらきりがねえ
くいよ ください このおれにくいよ
ぐいら 不意に、急に 車だぐいらと曲がったんだ
くさっぽ おでき、腫れ物 くさっぽ出来たな
くそひび(くそへび) まむし(蛇) くそ=恐ろしいという意味の接頭語
くたっしょ ください 餅をくたっしょ(くだっしょ)(くだれ)とも言う
くちべろ 唇(くちびる) 桑の実食ったらくちべろ紫になった
くっちい いっぱいだ 腹くっちい
くっちゃべる しゃべる あいつはよくくっちゃべるやつだわい
ぐっちゃわりぃ ぬかる道 この雨でとでもぐっちゃわりいぞ
ぐづらもづら 不平、ぶつぶつ言う 何をぐづらもづら言ってるんだ
くなはんしょ ください くなれ(浜)くなんしょ(会、南、中)
くらすける 打つ、たたく 悪いやつをくらすけるぞ くらせる(中、北、南)
くらつける(浜、会、北)
ぐるりもっけい 周囲全体 ぐるりもっけいの笑い者よ
くわっせ 食べなさい あんころ餅くわっせい
くわる 寒がる この子はとてもくわるんだぞい
くんしょうぐさ 田うこぎ(植物)  
くんされ ください くんしょ(会、北)くんちぁい(浜)くんちぇい(県内)
くんつぁんしょ(会、中)くんつぇー(会、北、中)
くんにぁい(南、浜、北)くんネー(浜)
げぁぇる げぁーる(中、南、北)けぇーる(会、南)げぇーる(浜、北、中、南)
げぇあーに たくさん 土産物がげぇあーにあるぞい
けえさっつぁま 巡査 ほら、けえさっつぁま来らったぞ
けぇーもの 買い物 町っちゃ行ってけぇーものしてくっぺ
げえろっぱ おおばこ げえろっぱがいっぺえだ(たくさんあるよ)
けつまいばなし 下品な話 そんなけつまいばなしはやんな(するな)
けっぺずる 削りとる 畑の土をけっぺずる
げんちょも(げんじょも) けれども (げんじも)(げんとも)(南、浜、会、中)
けんぺき 肩のこり 全くけんぺきが痛くて困るわい
こうべい 格好、勾配、身のこなし ごえっと(北、南、中、会)ごえら(会、北、浜)
とてもあいつのこーべいはいいな
こおのけ(げ) 眉毛 黒いこおのげだごど
こおりゅー こんな、このような こおりゅー大っきい化け物だぞ
こぎる 値切る 夜店で品物をうんとこぎれよ
こく(こぐ) 言う また生いきこく、嘘こぐと承知しねぞ
こぐ 歩いて川を渡る そこからは川をこぐんだぞ
ござい(こさい) お出でください(敬語) 遠慮しねでごさい
ござ(さ)んしょ お出でください 早くこっちゃござんしょ
ごしぇ(せ)やく 怒る (ごしぇえーだ)隣のおんつぁんごしぇやいだ
ごしゃやがっちゃ 叱られた (ごしゃやかれる)父ちゃんにごしゃやがっちゃ
こじゅうはん 間食 ほんではこじゅう飯にしっぺか
こだこと こんなこと こだがな(こんなもの)会、中、北
こだどこ こんなところ こだどこと思わねえがった
ごでっしり いっぱい、たくさん こでっしりましらった(いっぱい食べた)
こどのさま 蚕さま (蚕殿様)会、中、ごどん(蚕殿)北、こどんさま(南、中、北)
こねぁろ この野郎(卑語) こねぁろ何だ馬鹿にすんな
こぶしもち 拳骨(げんこつ) こぶしもちくれるぞ
ごまんと たくさん そんな石ごまんとあるぞ
こめこゆき 霰(あられ) あれ、こめこゆき降ってきたぞ
これっぱかし こればかり、少し これっぱか(会、中、北)これっぱっこ(浜、北、中)
こわかった 疲れた いやはや、山登ってこわった
こんたら こんな こんたらうまぐねえの食われっかぁ
こんだら これなら こんだらいいべ
こんつら こんな こんつらもの捨ててしまえ
こんまがる 曲がる(腹を曲げる) あんまりこんまがるなよ(背をまるくするな)
サ行  
さいさい 度々 さいさいごちそうにばりなります
さえなら さようなら ほんじゃまあさえなら
さきおどでな 一昨昨日 さきおとどい(北、中、会)さきおどでな会ったべ
さぎっぽ(い) 先端 柿の木のさきっぽをもぎった
さくい 気やすい あいつはいつもさくいやつだ
ざざぼ 葬式 ざざんぼ(中)どこのざざんぼだい
さすけーねー 差し支えない ちっともさすけーねーぞイ
さずき 田植 きょうは大家さんのさずきだぞ
さっきな 先に、ちょっと前 あの子はさっきまで居たんだげんど(居たのだけれども)
ざっく お手玉 ざっくして遊ばねかぁ
ざっこ 雑魚 ざっこすくえ(県内)ざこばかでねぇが
さってば(と) きれいに 床やさ行ってさっぱどして来う(来い)
さなぶり 田植休み あしたはさなぶりだよ
ざらんぼん 葬式 ざらんばい(南)ざらんべ(中)ざらんぼ(中、北)ざらんぼんぼ(南)
さんしょ なさい(丁寧語) よぐ勉強さんしょ
ざんぞ かげ口 あいつはおめさんのざんぞしてたぞ
さんどまめ さやえんどう(豆) さんどまめ摘んで来いよ
し(ひの訛り) 風呂のしたげよ
しーこ 小便(幼児語) (しーし)県内、しいこ(北中)
じぇー おら、じぇーさ帰るは(私は家に帰りますよ)
じぇに じぇね(北)じぇんじぇ(会、中、北)
しおい 農作物の慈雨 きょうはいいしおいだった
じかたもち かんしゃくもち あいつはとてもじかたもちだ
しぐ 死ぬ しがぼん(浜)ひょっとしっとしぐがもしんねな
じごくそば どくだみ(植物) じごくそばくせえな(くさいな)
しこったま たくさん、しこたま 実家に行ってしこったま米もらってきたわい
じこねる 意地悪く戯れる じこねる子はかまねぞ
しして 終日 ししてそのことばっか考えてたわい
ししょびき 塩引 ほのししょびき何ぼだぁ(ほの=その)
しじみっけぇー しじみ貝 しじみっけえーいらねがい
したがら それだから したがらやめろちゅーだぁ(それだからやめろと言うのだ)
じたぐり どんぐり じたくり拾いに行かねえか
したじ したじをかけろ
じっきに 直に、忽ち 薬つけだからじっきに治っかんな
しっしょねぇ 仕方がない そいずもしっしょねえべで
しっちゃらかし ちらかし そこらしっちゃらかすんでねえ
しっぺ しましょう 試験だからうんと勉強しっぺ
しなくさい 紙などのこげくさいこと なんだかしなくさいんでねえがい
しななんね(しなんねぇ) しなければならない どうしてもこの仕事はしななんね
しねえでくなんしょ しないでください 心配しねぇでくなんしょ
しばし 火箸 早くしばし持ってきな
しびったれ けち、おく病 しびたり(北、会)しびたれ(北、中)しぶたれ(北)しぶたれ野郎め
しびつ(ひびつ) さなぎ 鯉つりにはしびつがいいぞ
しぼ(こ)(ひぼこ) 早くしぼこでしばれ
じゃじゃんぼ 葬式 じゃじゃんぼが通るぞ(じゃらんぼとも言う(中、浜、会))
じょーり 草履(ぞうり) じょーりはいて行げよ(じょんじょとも言う(南、会))
じょーんだ 上手だ おまえの踊りはじょーんだじょーんだ
しらがたろー てんぐす虫 (毛虫)この虫の腹の中の糸で釣りのテングスをつくる
じんだもじ 豆ずり餅 お彼岸だからじんだ餅つくってやっか
しんでねーぞ するのではないよ そだ悪いごどしんでねぇぞ
しんぺ 梢(しんぽい) 木のしんぺおっぽれ(梢を折れ)
しんぺぇ 心配 しんぺえしっこどねえで(することもないよ)
ずうばこ 重箱 ずうばこ持って遊びさ行げ
すかな すかんぽ、すいば すかな取りに行かねか
すがり 蜂の一種 いたずらしっとすがりにさされるぞ
すげね 寂しい 一人ではすげねべない(寂しいでしょう)
ずしなし いくじなし ほんとにずしなしなんだからおめえは…
すっぽそで 筒袖 すっぽそでよく似合うない
ずない 大きい とてもずない芋がとっちゃよ
ずら でたらめ そだずら語んな(でたらめ言うなずらこき)
すんぎゃね 杉やに すんぎやねねばねばだ
せえ おかげ 優勝したのはあの人のせえだ
せえ さえ 大水でせえ大丈夫
せきど 墓石(せきとー) らんばのせきどさ花あげろ
せきり せきれい(鳥) うづぐしせきり鳴いでる
せせな 台所、流し尻 せせなから水持って来い
せっかく たびたび せっかくお世話になってやす
せな 兄、年長の男、主人、若い男 おら家のせなさんが行くど(兄が行くよ)せなさ(中)
せなさま(北、中)
せばっち 狭い この家はせばっちない
ぜびすこ 恵比寿講 こんばんはぜびすこだない
せろ 入れろ、入れよ 俺もせろ(入れてくれよ)
せわしい 騒がしい、うるさい せわしい日だ(せわしねぇ)(会、北、中)
せんそくばち たらい(洗足) はやくせんそくばち持って来い
そうがし そうですか そうがし(会、北)そーがーも(会)そうがん(中、会、南、浜)
そうしっちゅうど そうすると そうしっちゅうどいいんだわい (そうしっと)も同意
そうだがん そうですか おめさんの方でもそうだがん
そうだげんじょも(ちょも) そうだけれども それはそうだげんじょも駄目なんだ
そうだぞえ そうですよ やっぱしわがんねそうだぞえ(やはりわからないそうですよ)
そだぞん(そだだ) そうですよ うまい桃だったそだぞん
そうだない そうではない 牛だなんて、そうだないぞい、馬だぞい
そうだない(し) そうですね そうだない、あいたは居っつおい
そうだに(そだに) そのように(そんなに) そうだにいっぱいはいらねえ
そうだばい(そうだっぱい) そうでしょう (そうだべ)(そうだばいん)とも言う
そうだべない そうでしょうね 随分苦労したって、そうだべない
そうだもの(ごと) そんなもの(こと) そだものおら知んにねぇ
そうだわん そうですよ とてもめんごい子だそうだわん
そぞろく あわてる そだにそぞろくこともあんめえ(ないだろう)
そっくら 残らず、みな (そっくり)まあだそっくらしてる
そっこそっこあ こっそり、静かに やや起ぎっからそっこそっこ歩け そっこと(浜)そっこり(浜、中、会、南)
そっちゃ そちらへ 早くそっちゃもって行げ
そでねいぞい(ん) そうでないです そでねいぞい、あの人は悪い人ではねえぞい
そうでねえーてば そうでないですよ そうでねえーてばおめは馬鹿だなあ
そばいこ(そべこ) あまえ子 ばっちはそばいこでしょがねぇ
そべーる あまえる (末の子はあまえ子で困る)
そればし(それっぱり) そればかり それっぱしではしょうあんめ
それほっか それだけしか それはそれほっか無いのかい
そんじも それでも そんじもぜえがろ呉れろ
そんじゃ それでは そんじゃ一緒に行くべ
そんじゃらば それならば そんじゃらば、買ってくれっぺ(くれよう)
そんだから それだから そんじゃからやめろ言ったべした
そんつらこと そんなこと そんつらことでお前はどうする
そんつらもの そんなもの そんつらものいんねから持って行げ
タ行  
だぁぃろ いやです そんなことだぁぃろ(いやだ、誰が聞くものか)だぁれぇ(中、南、浜、北)だえろ(南、中、、浜)
だえろ 蝸牛(かたつむり) たぇろたぇろ(北)だぇろだぇろ(浜)
だぇわんぼうず 禿頭病 あいづだえわんぼうずになった
たかあし 竹馬(高足) (たがあし)とも言う
たがく 持ちあげる ほら、ほっちの方たがくんだ
だがさる 抱かれる 赤ん坊がばっぱに抱かさる
だげんと だけれども ちっと壊れだけんと勘弁しろ
たたきおちる 強く落ちる 木からたたき落っちゃ
ただきのめす なぐる 言うごと聞かねとたたきのめすぞ
だだんま 牝馬(駄馬) ただんまばっか生した
だったい(てい) 案外、散々 だったいそくねた(案外失敗した)
たっちぇも 誰でも そんなごとはたっちぇもわがる(誰でもわかる)
たっちぃおく 飼っておく 俺えでは馬二匹たっちぃおくぞ
だってー 案外 ことしの米はだってーとれね
たっぺ すべるところ たっぺすべりさ行くべ(たっぺすべり)
たいまか 倹約、たまかにする 物はなんでもたまかにするがいい
たべっせい 食べなさい あんまりうまぐねがたべっせい
たほごし 田をならすこと きょうあたりたほごしやっぺかない
だら ○○なら あの人んどこだら嫁に行ってもいい
だら 人糞、下肥 あんやつはだらかつぎしてる
だめだぞい 駄目ですよ そんなごとは駄目だぞい
だめで だ、などと 三郎は大将になるんだめで言ってる
たわいない 分別がない ほんとにたわいないごとやるもんだ
たんがら 背負いかご たんがらかついで来うよ
たんねる 尋ねる こんどたんねて行くがら
たんのぐろ 水田の畦 たんのくろ歩ぐんでねぇぞ
だんべい ○○だろう 誰でもいやだんべぃ
だんべこ おたまじゃくし だんべことりに行んか(行くかい)
だんぽ 主人、君 だんぽさん居っかい
たんぽんぽ たんぽぽ たんぽんぽにさわんなよ
たんまげる 驚いた おおたんまげだもんだ
じぃー(じぇー) 良い これはじい薬だない
ちちゃこい 小さい ちーちゃこい(浜、中、北)ちっきい(会、中)
じとば(ちとば) 蘭(幼児語) (じじばば)じとば取りに行くべ
ちっちぇいぐ 連れて行く お祭りにちっちぇぐぞ
ちっちゃい 小さい(ちっちい) ちっちゃこい(南、会、中、北)
ちゃかちゃかしる 落ち着きがない あいづはむやみにちゃかちゃかしてる
じゃらんぼ 葬式 きょうはじゃらんぼ、あっつぁ
ちょいかける けしかける むやみにちょいかけるもんでねぇ
ちょーずば 便所 今ちょーずばさ行ったようだ
ちょーせいも 馬鈴薯 ちょーせいもを掘る
ちょぺえっと 少し 頭にちょぺえっと毛が生えている
ちょんこまげ ちょんまげ ちょんこまげの爺さんが居るぞ
ちんけ ぼんのくぼの毛 この子のちんけを残してやっぺぇ
ちんこい 小さい ちんこい子だな
ちんちぇ 小さい ちんちぇ奴だな
じんつぁ(ま) お祖父さん じんつぁ来らっしぇ(おいでなさい)
ちんぽけ 小さいこと あの木はちんぽけだな
つぁあつぁあ お父さん つぁっつぁ(浜、北)銭くんにか(呉れないか)
つきのこばな 山吹(花) つきのこばながきれいに咲いたぞい
つぎもの 針仕事 きょう一日つぎものをした
づぎんこ 頭巾 づぎんこかぶって寺詣り。づきんぼ(北、中)
つけあげ(つけやげ) 天ぷら 野菜のつけあげうまいな
つそ(ちそ)(つそば) 紫蘇(植物) つそがよく漬いたぞ
つっきょ 月夜 ええつっきょだ、出て見ろ
つぶ たにし つぶや つぶや からつぶや(わらべ歌)
つぼ 鳥の餌 鳥につぼやれよ
すんない(ずない) 大きい づんねえ(中、会、浜、北)鯉だ
つんのめす 突き転ばす ちっちゃい子をつんのめす
でぁえく 大工(でえぁく) 俺の兄は船でぁえーくだよ
でかい(でがい) 大きい(でっかい) ほんとにでかい芋だなあ
でがさない(ねえ) きまり悪い、具合が悪い あの人に会うのはちょっとでがさないな
でかさない 上手でない にしゃ(お前)の字はでかさないぞ
でくだま 太っている人 あいつはほんとにでくだまだ
でくのぼう ぼんやりもの あれはでくのぼうで役に立たね
でげえ 大きい とてもでげえ狐だったぞ
でこ 人形 でこ作ってやっから泣くな
でしょう 小皿(手塩皿) おてしょうに取れよ
ですわい ですよ そんなごと駄目ですわい
でそくね 放蕩息子 このでそくね、気をつけろ
てっこ 手(幼児語) てっこ出して見ろ
てっちょう 上の方 もっとてっちょうの方さ投げろ
てっぴら 掌(てのひら) てっぴら出してみろ
でなづき 出額(ひたい) あの子はでなづきだ
てねげ 手拭(てぬぐい) てのけ(中)てのげ(中、会、北、南)てのごえ(県内)てれげ(中)
てば …てば と言うのに いやだってば いやだ
ててっぽ 山鳩(幼児語) ててぽっぽ(南、北、中)が鳴いている
でんきんばしら 電信柱 でんきんばしらにせみとまった
てんつきばな 撫子花(なでしこ) てんつきばなとりに行かねか
てんとさま お日さま てんとさまのある中歩くべ
てんのひるま 白昼 てんのひるまに行ってくっぺ
とうぁえー 夏の農閑期 とうぁえーに行くがんな
とおみぎ とうもろこし とおみぎゆでだから食べろよ
じおじき ぶらんこ とおじき作ったぞい
どうすっけな どうしたろう あの人はどうすっけな
どうだっぺなん どうでしょうね あの嫁あんだの家の嫁にどうだっぺなん
とおちゃん お父さん とおちゃんとかあちゃんとおれと三人
とおてーばしゃ 客馬車(トテ馬車) とおてーばしゃさ乗って飯坂さ行くべ
とおねこ 仔馬(当年子) とおねこが三匹あるぞい
とおらっせ お通りなさい かまねがらとおらっせい
どおんじ 道理で どおんじ来ねぇと思った
とがりぽい 尖端 とがりぽいさあげず(とんぼ)とまった
どけ(げ)ろ 退け、よけてくれ そこどけろよ
どこにもかごにも 何処にでも どこにもかごにも花咲いて居るぞ
どしても とても おらにはどしても出来にぇー
どーしんぼ 剛情っぱり(道心坊) にしわどーしんぼだ(おまえ剛情っぱりだ)
どせえこせえ 結局、いっそのこと どせえこせえ、ばっさりと切ったらええ
どたとき どういう時 そだことどたときしたんだ(そんなことどういう時したのか)
とっくのとおかに とっくに、前々から そだごととっくのとおかに出来てたわい
とっさえぐ 取りに行く わらびとっさ行くべ(とっしゃえぐ)浜、北、中、南
とっしょり 年寄り とっしょりは大切にしろよ
とっかけ(かげ) 入口、端 村の入り口のとっかけの家だ
どっちゃ どこへ どっちゃ行くのがえ(どこに行くのですか)
とっつぁえる 仲裁する どれ、俺がとっつぁえることにすっか(するか)
とづく 届く 天井にとづくわい
とっくと 心から、よくよく お父っつあんとっくとおごられた(叱られた)
どっけ 最後 はねくらで俺ぁどっけだった(ばっけとも言う)
とっけし(ち) 鶏の冠、とさか とっけち(中、浜、北)とっけじ(中、北)
とっこす 通り過ぎる ほんでは俺家をとこして行ったんだべ
とっと(幼児語) 鳥、鶏 とっとこ(北)とっとこい(南、中)とっとめ(浜、南)
とっぱぐる 仕損じる ほだ手つきではとっぱぐるぞ
どていなし むやみに どていなしやったって出来るもんでねぇ
どべこ どぶ なんだ、どべこにつっぱいったのが
どろ 大きいとんぼ ほら、どろが飛んでぇぐぞ
とろっぴで いつでも とろっぴで来るんだわい
どんじ 道理で どんじ早いと思った
とんがらし 唐辛子 七色とんがらし、よがったがい(いりませんか)
どんどろやき 野火 どんどろやき始めっおう
とんぼぐち 入口(戸棒の口) とんぼのくちとも言う、とんぼぐち締めろ
ナ行  
なえ ね(他人に同意を求める) きょうはとても寒いなぇ(寒いですね)
なえばえ 無いだろう そうでなえばえ(そうではないでしょう)
ながっている 捨ててある 本が道にながってるぞい
なかば 仲間 悪いやつらのなかばさ入んでねぇがな
なかんな 泣きなさんな いい子だからなかんなよ
なきめそ 泣きやすい子 なぎみそ(北、南)この子はなきめそだな
なして 何故 まして行ぐんだ(なぜ行くのか)
なじょな どんな なじょな気持ちでいるんだべか
なじょったい どうだかね この図面の出来はなじょったい
なじょーにしっぺい どうしたらよかろう これなじょーにしっぺない(なじょすっぺ)
なだみ なだみが出たわい
なじぎ ひたい(古語なづきの転) なっき(北、中)なづき(県内)
なっても 何回も それはなっても聞いた話だ
ななこな 滅茶苦茶に うわー、ななこなにぼっこっちゃぞ
(いやあ、滅茶苦茶にこわれてしまったよ)
なにけら 色々 なにけらもって来う
なん そうだなん(そうだね)
なんしょ(丁寧) 下さい お休みなんしょ(お休みなさい)
なんたら なんという… なんたら長い演説だべ
なんだん 何ですか それはなんだん
なんちゅう(なんつ) 何という なんちゅうひどいやつだ
なんちゅうごったべ 何としたことだ まあ、なんちゅうごったべ
なんちゅっても 何と言っても なんちゅってもそいづは駄目だ
なんで 何故 なんでそだことしんだべ(するんだろうか)
なんぼばしもねぇ 少ししかない 残りはなんぼばしもねぇ
にぁんにぁこ 猫(幼児語) にぁんにぁこもらって来た
にげえ 苦い にげぁい(北、会)にげぇ薬だな、にんげて(浜)
にさ お前(汝) にさどこさ行くんだ
にしゃ(にし) お前、あなた にし(会、中)にす(北、会)
にやんこ 猫(幼児語) にゃにゃ(北、浜、中)にゃーにゃこ(北、中)
にょんにょさま 神さま、仏さま (幼児語)にょんにょさま拝めよ
にんぎやか(にんにゃか) 賑やか にんぎゃかなお祭だ行ってみろ
ぬかす(卑語) 言う こいつ何ぬかすか
ぬぎば 軒端 ぬぎばで雨宿りしっぺぇよ
ぬくい(ぬぐい) 暖かい きょうはほんとにぬくい日だな
ぬさる 乗る 車にぬさって行げよ
ぬるまこい ぬるい この湯はぬるまこいな
ない おらは行がねぞい
ねぇ 無い おれ、銭がねえ
ねぇべが ないでしょうか みんなら、そうでねぇべが
ねちくちしる ためらう、ぐずる 女みたいにねちくちしるんでねえでば
(女みたいにぐずぐずするんでないよ)
ねづい(ねづこい) 丁寧、熱心、くどい あれの仕事は全くねつい
ねっきょしる 意地悪くいたずらする ねっきょする(悪意地をはる)(会)
ねっころぶ 横になる そこさねっころんでやすめ
ねっちょー いたずら 人のねっちょうなどするもんでねー
ねっぱす 糊づける これねっぱしてくんにゃ(ください)(ねっぱつけるも同意)
ねぶか 葱(根深) ねぼか(中)ねぶか掘ってこう
ねほろげる ねぼける 今にねほろげるぞ
ねらべる にらむ そだに親をねらべるもんでねぇ
ねんねこ 子守りの着る着物 おどっこをねんねこでうぶえ(赤ん坊をねんねこでくるんで背負いなさい)
のごー ぬぐう でろをのごー(泥をぬぐう)
のこじ(ず)り 鋸、のこぎり のこずり(浜、北、南、中)持ってこい
のっぺまぐなし 絶えず 全くのっぺまぐなし泣いてんだがら
のりもの 塗り物 会津ののりものは丈夫だ
ハ行  
はかえぐ はかどる 稲刈りが、とてもはがえったな
ばい …でしょう 暑かったばい、うまいばい
はーがら 早、もう はーがら来た
はぐしこ 山からはぐしこ取って来な
はぐた 歯切れ、半端もの この紙ははぐただ
はくぼう 白墨 そこからはくぼう持って来い
ばくまま 麦飯(ばくめし) とてもばくままうまいな
はけご 竹かごの一種 はけごさいっぱいとって来う
ばさま お祖母さん ばさまはもう寝たがい
はしから 早くも、先から 叱るはしから悪さする
はしゃぐ ふざける これ、これ、そだにはしゃぐんでねえ
はせ 稲かけ はせに稲をかけろよ、はで(南、会)
はすり 台所、流し場 洗い物ははすりさ置いてけろ
ばち ハヂ(北、会)バチ(蜂)バゾ(会)
はっけおき 占い者(八卦置) はっけおきに見てもらうべ
ばったんしる 脱線する 汽車がばったんしたぞ
ぱっぱ 煙草、きせる ばぁちゃんがぱっぱのんでる
ばっぱ お祖母さん ばっぱが来たぞい
はなぐら いびき ぢっぢのはなぐらはでかい(大きい)
はなびちょ 低い鼻 あいつは、はなびちょだ
はねっこら 競走 はねっこらしっぺ
ばば 糞、大便 ばばして来いよ
はばき 藁でつくった脚袢 はばきはいて山さ行げ
ばばちょ 便所(幼児語) ばばちょさ行って来い
ばやえこ(ばやっこ) 奪い合う 子どもとばやえこしんな(するな)
はんきり はんてん(半切) はんきり着てる
はんぎり たらい はんぎりさ湯入れておけ
ばんげ 夕方、夜、こんばん あのばんげに火事にあったな
ばんげしな 夕方 ほんじゃばばんげしな寄ってくれろ
はんこ はんこが咲いてる
ばんさま 夕方 ばんげさま(中、北)ばんしま(夕方)
はんしがみ 半紙 はんし紙さうまく書いてけろ(ください)
はんぢゃく 中途半端 なまらばんぢゃくに覚えるな
ぴこたこ 不揃い あの子はぴこたこの下駄はいてるぞ
ひして 一日中 ひしてだけ休むことにしっぺ
ひしてぇ 終日 きょうはひしてぇ仕事をした
ひじゃかぶ 膝がしら ひざかぶ(県内)ぶっつけた
びだ(卑語) 女子 びた(中、浜)びたい(会、中)
びたぐら あぐら びたぐらかいている
びっくらこいだ 驚いた ああびっくらこいちゃった
びっこびっこ 片足飛び びっこびっこしないか
ひったぐる 奪う 他人の物をひったぐるやつがいる
びったげた 駒下駄  
びったらこい 平たい びったらけ(会、中)びったらっこい(県内)
びっちゃ 水溜り、ぬかるみ びちゃっこ(北、中、会、南)びっきゃこ(中、会)
びっちゃご 小さいこと 一郎はびっちゃごだ
ひなくさい 焦げくさい、きなくさい なんだかひなくさいぞ、よっく見ろ
ひゃおーる 投げる 石ひゃおーるぞ
ひゃしぶり 久しぶり ほんとにひゃしぶりだったない
ひよごる 小便をする そこらにしょんべんひょごるな
びり 最後、最下等 はねくらはいつもびりだ(いつも一番後だ)
ひるまっから 昼すぎ ひるまっから遊びさ行くぞ
びれる 甘える そだにびれるでねえ
びんつこ 赤とんぼ びんつこだ来たぞ
ひんまげる 曲げる(ひんは強意) あれ、顔ひんまげたぞ
ふかべろい 細長い これは、ふかべろい壺だ
ふき 吹雪(吹荒し) ひどいふきになったなぁ (ふきゃらし)とも言う(中)
ふくしい 福しい あの家はふくしい家だ
ぶすきのこ 食われぬきのこ これはぶすきのこだ、取んな
ふたつける 黙火する かまどさふたつけろ
ぶっかえる 倒れる 風で板べがぶっかえった
ふーずき ほおずき ふーずき鳴らすべ(鳴らそう)
ぶっきる 折る(強意) その杖ぶっきれ(びっきょれとも言う)中、南
ぶっくーす 壊す 俺ぁ茶わんぶっくしちまった、ぶっくすた(会)ぶっくすた(会)
ぶっくれっる(会、南)ぶっくっきゃぁ(会、中、北)ぶっくっちゃ(会)
ぶっくらしぇる なぐる この野郎ぶっくらしぇるぞ
ぶっざく 打ち壊す この箱ぶっざくぞ
ふったくる 奪う かばんをふったくる
ぶま 下手(不問) またぶまやったなぁ
ふりおけ 手桶、担ぎ桶 ふりおけで水くめよ
ぶんずいろ 寒い時の口びる みんさぶんずいろになった
ぶんぞいろ ぶどう色 ぶんぞ(ぶどう)中、会、南
ふんだ そうだ ふんだ、ふんだ、あれは山だ
ぶんなげでおっけろ かまわないでおけ そだのぶんなげでおっけろ
ぶんむくる 打ちこぼす 水をぶんむくった
ふんりょげ 手桶(振桶) ふんりょけで水涌んで来う
でしょう 寝坊したんだべ
べあ でしょうね おめは末っ子だべあ
へえならし 灰かき(ならし) へえかき(中、浜、北、南)もって来う
べこっこ 牛の子 あのべこっこは、黒いべここ(会、北、中)
べこべこ 蟻地獄 べこべこめっけたぞ(見つけたよ)
べそっと ぐっと、少量に 雪がべそっと減った
へたかす 下手 あいつの歌はへたかすだな
へもねぇ(へでなし) つまらないこと ほだへでもねえごと言ってんでねえぞ
べない ましょうね そう決めっぺない
ほいぎょ 包丁(ほいじょ) ほいちょ(会、浜、中、北)ほいじょう(県内)
ほいつ それ、そいつ ほいつは何だい
ほうが そうかい ほうかい(北)ほおがえ(北、中)
ほおだえなし 考え浅い人 あいづ、なんてほおだえなしなんだべ
ほぎる(ほける) 萌える、茂る ぜんまいがほぎる頃だ
ほご 其処 ほごに居るのだんじゃ(誰だ)
ほしたら それなら、そうしたら ほしたら、おめもいぐか(君も行くか)
ほそっこ ほそっこ持って来な
ほだ そうだ ほだぁ(中、北、南、浜)ほだごと嘘だ
ほーだぁ そんな ほーだぁこと無えべ
ほだげんと そうだけれども ほだげんとおれは行がね
ほだなん そうだね ほだなん、安く負けっぺ
ほだに そんなに ほだにいっぱいもらっていいのが
ぼたもち おはぎ(牡丹餅) ぼたもち持って来たぞい
ほだもの そうなんですもの だっと(だけど)ほだもの仕方ねえべ
ほだん そうです ほだん、おら一人で歩いて来たんだわい
ほーづきまーる うろつきまわる そだにほしづきまーんでねえぞ
ぼっこ 下駄などにつく雪、泥 ぼっこぼっこたまった
ほっちぐる 掘る ほこじる(会、南、北)ほっこずる(会、南)
ぼっとない 御免してくださいね きょうはぼっとない
ほでねえ そうでない それは、そうでねえぞい
ほど いろり火、炉壺 ほどにくべろ
ほまち へそくり金 それが婆さんのほまちだとさ
ほや 寄生木 山でほやめっけだぞ(見つけたよ)
ほれみろ それ見なさい ほれみろ、だから行ぐなといったべ
ほろしょ お手玉 ほろしょやんねが(しないか)
ぼんこ まるい実、玉 椿のぼんこ取りに行くべ
ほんだら それなら ほんだらお前は行きな
ぼんち(ぽんち) 間抜者、馬鹿 ぼんちだなおめは(お前は)
ほんじぇ それで… ほんじぇ、おめは何んつったんだ
ほんじゃ(ら) それでは ほんじゃ、そんどいいべ(それでよいだろう)
ほんじゃがら それだから ほんじゃがら失敗しんだ(失敗するのだ)
ほんどき その時 ほんどきは仕方がなかったんだ
ほんとげぇ 本当ですか それ、ほんとげぇ
ほんね そうでない んだなあ、ほんねなぁ
ぼんのくど 襟元 ぼんのくどをきれいにしろよ
マ行  
まがってみる 覗いて見る ふすまからまがって見てる
まくらひき 産後二十一日 間もめくまくらひきになんな
まける 水をあける まげる(こぼす)(南)桶の水まけるぞい
まじっぽい まばゆい、まぶしい まちぽい(北)まちっぽい(中南)まじこい(中)まちぶれい(中)まじぺい(会)
ませんぼう 厩にはめる棒 ませんぼうをはずしてやれよ
まっこ 炉端 まっこぶつ(炉ぶち)(南、浜)
まつご 松の実、松毬 まっこごり(中)まつざら(南、浜)
まっこみ 渦巻 危ねぇからまっこみに行ぐな
まったえご 同じ位、互角 まったえごになってさわぐな、いい年して
まっちぇんせい 待って居れ そごにちょっとまっちぇんせぁ
まっちゃね 松脂 まちやねとも言う(南)
まっつぐ 正面、真直 まっつぐは拝殿だ、性質はまっつぐだ
まつぼくり 松の実、松かき まつぶんぐり(北)とも言う
まっていご 互角、同じ位 子どもとまっていごになっている
まてい(までえ) 丁寧 まてい(県内)までぃー(浜、中、会)
仕事はもっとまでいにやれよ(県内)
まなくくっつぐる 目をとじる じっとしてまなくくっつぐっていろ
まにゃわね 駄目だ、間に合わない (役に立たない)あんだは弱いからまにゃわね
まぶる 守る、見張る 猫が来っからよっくらまぶってろ
まま まま食うぞ
ままおやじ 継父 ままおやじさんはおっかなぐねぇ
ままかが 継母 (ままかかぁ)とも言う(南、北、中)
ままかぶ 堤、土手 ままかぶの草を刈れよ
まめ 達者、丈夫 まめに暮らしてるぞい
まめたい 精が出る あの奥さんとてもまめたい
まるこい 円い まるこい石いっぱい拾った
まるっと 全然 きのうの商いはまるっとだめだ
まんにゃせる 間に合わせる ちぃと短いがまんにゃせる
まんにゃない 間に合わない これからでは汽車にまんにゃない
まんま 食べ物(幼児語) まんまくだっしょ(ください)
まんまごと ままごと まんまごとしっぺー(しましょう)
まんまけぇ 円い 地藏さんの頭はまんまけぇ まんまるけぇとも言う
みぎっか 右側 危ねがらみぎっか歩けよ
みぐせぇ 見苦しい みぐせぇがら止めろ
みしけえ 短い みしけえ鉛筆だごど
みせぇ(みっせ) 見なさい あれみせぇ、ええ馬だ(よい馬だ)
みたえな ……のような 竜んみたいえな雲だべした
みだぐね 見苦しい ほんにみだぐねことしる野郎だ
みっさんしょ ごらんなさい あの様子みっさんしょ
みったぐねぇ 見苦しい、可愛らしくない 全くみったぐね顔だ(みたくなし)
みっちと しっかり みっちら(北、会、中)みっちり(県内)
みどもねえ 見苦しい 何てみどもねぇことしんだべか(するのか)
みなんしょ 見てください ここさ来て見なんしょ
みば 外観、体裁 みばいい、みばわりー(県内)
みめえ 見舞い 火事みめえさ行ってくっぺ
みんでねー 見るものでない ほだじろじろみんでねー
むぎ(き)なし 愛嬌なし あれが全くむぎなしだ
むぐろ もぐら この畑にずいぶんむぐろが居るぞ
むじれる ねじける、すねる あの子はすぐむじれる
むそい(むすい) 長持ちする この下駄はむそかった
むっくらおきに 起床するとすぐ むっくらおきに町さ行って来た
むつける すねる お前はすぐむつけるな
むでっぱ 乱暴、無鉄砲 そんなむでっぱしんでねぇ(するんじゃない)
むなくさ 気分、胸の内 どうもむなくさが悪くてしょうね
めぁい まゆ(繭) ことしのめぁいはいいようだ
めぁーだれ 前垂 めぁーだれかけて来うよ(来いよ)
めぇ ……まい ……そううまぐは行くめぇ
めぇーる 見える 向こうに舟がめぇーるべ
めぇーり お詣り お寺めぇーりさ行くべ
めげぇー 可愛い(めごい) ほんとにめげぇー子だごだぁ(子だこと)
めごがる 可愛がる めごこえ(北)めご(会、中)
めっか 見えるか 踊ってるのがめっか
めっかる 見つかる 遊んでっとこめっかった
めっこめし 半熟の飯 今朝の飯はめっこめしだナ
めっぱ 丸い弁当箱 めっぱ持って畑さ行ぐ
めっぽーがぇ 非常に めっぽーがぇ雪が降ったなえ
めなばし きむすめ あれはまだめなばしなんだってよ
めのこ 女の子 めろこ(中、南、北)とも言う
めんげー 可愛い あいつはめんげー奴だ(めんこい)
めんご おとなしい子 おまえはめんごだなぁ
めんめず みみず 大きいめんめずだない
もえ たらのもえを取っぺ
もこ(もご) 婿 こんど来たもこさま見たか
もじくる もむ 紙をもじくるとやわぐなるぞ
もしゃくる(もじゃくる) くしゃくしゃにする 紙をそんなにもしゃくんな
もしゃくれる 揉める 着物がもしゃくれる
もじり つつ袖 たまにもじり着るのもいいもんだ
もた もたんなかに居たけのー(居たそうだ)
もだ もだに引っからまって血が出た
もだ ふたもだ(二株)のどこだ(のところだよ)
もてる 分けっする ことしの稲はさっぱりもてね(分けっしない)
もぼれる 老いぼれる あの老人はもぼれてしまった
もろ もろの中にうなぎがいるぞ
もんず もず もんずが鳴いてたべ
もんだ ……なさい もう少し勉強するもんだ(勉強しなさい)
もんひき 股引 もんぴき(浜)
もんもね あんまり歩いだもんでもんもねがいでぇ(痛い)
ヤ行  
やいや 赤ん坊 可愛いやいやだない(ですね)
やかむ 嫉妬する 人のことやかんでも仕様あんめぇ
やきづき こげついた飯 やきづきもうまいもんだ
やぎみし 焼き飯 やきめす(北、会)うまいやぎめしだったない
やくさら わざわざ (やくざらとも言う)(北)
やすこい 容易 そだごとやすこいことだ
やせうま 背負いはしご 裏からやせうま持ってこいよ
やっから するから…… 俺がやっからいいで(するからいいよ)
やっけぇ 柔らかい(やっこい) やっけぇ豆腐だ
やっけぇ 厄い どれどれ、やっけぇな奴だ
やっしゃない やるせない ほだごと言われて俺はやっしゃないぞい
やったがい やりましたかい 柔道やったがい
やっちゃくっちゃ ごだごだする ほんでやっちゃくっちゃしてんだ
やってんでねぇ やめろ そんなこと、やってんでねぇ
やっぴし 度々、毎度 やっぴしお世話になってやす
やばっせ 行きましょう 俺家さやばっせ
やぶから 藪中 やぶすこ(南)
やべー(やーべ) 行きましょう 俺家さやべ(やーべ)(中、南、会)
やまがち やまかがし(蛇) やまがちへび(県内)
やまどじょう 山椒魚、山鰌 やまどじょうつかまえっぺ
やまのおんつぁん 猿(山の小父様) やまのおんつぁん来たぞ
ややなす 出産 俺の姉ややなすさ帰った
やりかんぼ 向こう見ず あいつはとてもやりかんぼでな
やりこぼし やりこぼしやんねぇが
やりなんしょ やりなさい おめさんもやりなんしょ
やろこめら 男の子どもたち やろこめらうるせいな
やんだ 嫌だ おらやんだ
やんだわいよ いやですよ そんなことやんだわいよ
やんや 赤ん坊 おら家のやんやは丈夫だ
ゆい(ゆいこ) 仕事の助け合い 明日俺とゆいしねいが
ゆうはり 夜業 きょうもゆうはりだぞ
ゆぇっこ 俺家のゆぇっこ呉れっかい(上げますか)
ゆかしがる 羨ましがる 他人が金をとるとゆかしがってばかり居る
ゆかしくしょうね 心配に思う あれのやることはゆかしくしょうね
ゆきひら 土鍋 ゆきひらでかゆを煮てくんにか(くれないか)
ゆくべぃ 行きましょう 釣りにゆくべぃよ
ゆすぐ 口をすすぐ 口をゆすぐんだぞ
ゆすぐる(ず) ゆする ゆだぶるとも言う
ゆっつける 結ぶ それは車にゆっつけておけ
ゆて(ゆで) 風呂手拭 ゆて持ってきてあげな
ゆびはめ 指環 これは死んだ母のゆびはめだ
ゆうべな 夕べ、昨夜 ゆうべな大きな地震があった
ゆもみ 風呂手拭 ゆもみ持ってきな
ゆるい(ゆるり) 囲炉裏 ゆるいさ火焚けよ(ゆるりとも言う)
よあけしな 夜明け頃 きのうのよあけしなに赤ん坊なした
よが 蚊(夜蚊) むやみによがが出てきたな
よがす ようございます よがす、わしがやる
よがっぺぇ よいでしょう よがっぺした(北、中)
よき(よーぎ) よき持って山さいぐ(山に行く)
よくきたない よくいらっしゃいました 遠いどこよくきたない
よこしぇ(よこせ) ください、呉れ でかいのをよこしぇ
よしてー 一晩中 よしてー看病してたんだ
よーそく ローソク 電気消えだがらよーそく立てろ
よっか ……よりも 梨よっか林檎の方うまいぞ
よっせえ 寄りなさい おら家にもたまには寄っせえ
よっぴし 一晩中 ゆんべはよっぴし縫い物をした
よどる 老人になる あの人はよどっちまった(老人になった)
よぶ 招く、ご馳走する お祭によぶぞい
よーほ(ほう) 両方 それはよーほうとも悪い
よまいごと 小言 そだよまいごとずーな(言うな)
よもの ねずみ(夜物) どうもよものが出てしょうね
よわかし(かす) 弱虫 全くおめえはよわかしだな
よわり 夜業 よわりに縄つくりをやっぺいよ
ラ行  
らぇちゃぐ 来客 きょうはらぇちゃぐある日だなぁ
らっちゃーなくして 雑然として 忙しいもんだかららっちゃーなくして居た
らんとー(らんば) 墓場(卵塔) らんとーで鬼ごっこやっぺ
らんにゃい ……られない そだに早く起きらんにぁい
りあす ……ります そうで御座りあす
りぐじなし 意気地ないこと このりくじなしめ
りくじねぇ 意気地ない りくじねぇ男だなー
るぇあさま るぇあさま鳴った
れぁさま(れぇさま) れぁさまおっかねぇ(おそろしい)
れぇげつ 来月 れぇげづがらなつやすみだぞ
れぇねん 来年 れぇねん卒業
ろぐすっぽ 少しも あいつこの頃ろくすっぽ挨拶しねぇてば
ろくたま ろくに、正しく ろくたま見もしねぇくせして
ろくでね 意地悪な ろくでねぇ男だ(ろくでなし)
ろぐに(ろぐろぐ) 充分に 飯もろぐに食わせらんにでよ
ろっぺぇ 六杯 飯ろっぺぇ食った
ワ行  
わあり 悪い それはわありぞ
わあわ それ、わぁわがないでっぺ
わい ……よ なーんだ、すぐ取ったわい
わぇー そうだべわぇー(そうなのでしょうね)
わかされ 分家 おれ家はわかされだわい
わかだんぽ 若主人 こっちのわかだんぽは大学出なんだと
わがんねぇー わからない、出来ない 何だかさっぱりわがんねぇー
わくさ わきが わくさでは嫌われんなァ
わけねぇ 大丈夫だ、たやすい そんなことわけねぇごどだ
わすら いたずら わすらしんでねぇぞ(するんじゃないよ)
わしら いたずら わしらばかりしんな
わたまし 新築祝 きょうは分家のわたましだ
わっか 自動車のわっかパンクした
わっつぁげる 割れる 氷がわっつぁけた
わらぁし(わらしこ) 子ども(童衆) 近所のわらぁし騒いでんだ(居るんだ)
わらがみ 西洋紙 わらがみさ書いてみろ
わらだ むしろ(藁蓋) 蚕のわらだ一枚もってこい
わらんじ 草鞋、わらじ わらじはいで出かけたぞ
わりえ 割合 わりええ(良い)話たべ
わりぐ 悪く 病気わりぐなんねでよかった
われ われ使さ行って来う
わんげい あなたの家(我が家) わんげぃどこだ
 
んげ 行け すぐ、んげ
んこ んこしたのがぁ(大便したのかい)
んごく 動く あまり、んごくな
んだ そうだ 「んだったなぁ」「んだ」
んだげんと(んだって) そうだけれども んだげんと、うまく行がね
んだな そんな んだなごと出来っか
んだっぺか そうでしょうか あれ親子だって言うが、んだっぺかな
んだべな そうでしょうね 「これは高い品だ」「んだべな金だもの」
んじゃ(んだら) それなら 急用かい、んじゃら行くから
んじゃがら それだから んじゃから止めろと言ったのに
んじゃらば それならば んじゃらば川には行がね
んぬ 汝、お前 んぬが悪いんだぞ
んの お前、汝 んのーが悪いんだぞ(会)
んばる 背負われる 婆ちゃんにんばって来たのがー
んま いいんまだべ(よう馬でしょう)
んまこ 子馬 んまこ、産まっちゃべがな