●手長足長と弘法大師 伝説:会津
会津磐梯山に住み悪い事し放題の手長足長夫婦。旅の坊様お経を唱え二人をつぼに入れてしまいました。この坊様は弘法大師様と言われています。
●猫魔ヶ岳の由来 伝説:会津
猫に殺された婆様の仇を討とう爺様、山の洞穴にいた魔物の猫を犬の首玉で見事やっつけました。それ以来その山のことを猫魔ヶ岳と呼ぶようになりました。
●伊佐須美様の伝説 伝説:会津
現在伊佐須美神社は会津高田町にありますがもとは金山町本名御神楽山にあり、伊佐須美様が三島町を通り会津高田町にたどり着くまで様々な地名を残すお話です。
●カシャ猫の話 伝説:会津
三島町大辺山の話。話す猫が飼い主の婆様を殺して逃げカシャ猫となって村人を苦しめていましたが、弘法大師様が猫を改心させ悪り事が起きなくなったという話。
●信夫山をつくった大徳坊 伝説:県北
福島市の信夫山。大男の大徳坊がたんがらで運んだ土の山が信夫山、たんがらを逆さにして落とした土が一盃森、石を投げた所が石の森と伝えられています。
●反田沼の話 伝説:県北
桑折の反田沼の赤べこは、雨乞いの約束として村長の三番娘を嫁にもらいますが、娘の知恵に負け臼の下敷きになって死んでしまうというお話。
●雷神様の話 伝説:県北
大久保の太郎さんの家に雷様の若者が落ちお礼奉公をした若者は、松葉千束切って天に上げてもらうかわりに村に水を授け以来水に困らなくなったという梁川町のお話。
●安達ケ原の鬼婆 伝説:県北
口のきけない子供のために人の肝を食べるようになったいわて。自分の娘まで手をかけてしまいます。旅の坊様にお経を唱えられ石になったという安達町のお話。
●大多鬼丸 伝説:県北
陸奥の豪族大多鬼丸は、十人力の精悍さと不思議な妖術を身につけ油断のならないものと朝廷から睨まれるほどの人物でしたが、坂上田村麻呂との一戦で破れ自ら命を落としました。
●うねめ物語 伝説:県中
現在の郡山市、安積の里のお春という美しい百姓の嫁が奈良の都の役人にみそめられ采女になりますが、夫恋しく里にもどり亡夫を追い身投げするという悲しいお話。
●鏡沼の伝説 伝説:県南
南倉沢の猟師が鏡沼の中で丸鏡立てて髪をとかす女の人に出会います。女の人が消えた沢は温泉で現在の甲子の湯となったと云われています。
●大悲山の大蛇 伝説:浜通り
中田の上の敵同士の姫様と若様が好きあい心中して大蛇になり大悲山に住んでいました。座頭の命をはった知らせで相馬公の家来が大蛇を退治したというお話。
●大原の大吉狐 伝説:浜通り
現在の楢葉町に漢方医がおり、ある晩難産で困った家内を助けてほしいと男が現れ大原まで行き助けます。じつは狐のお産でたくさん恩返しをされたというお話。
●新舞子の浦島伝説 伝説:浜通り
いじめられたカメを助けた漁師がそのお礼に龍宮城に案内され玉手箱をもらう、全国に残る有名な伝説ですが、新舞子には浦島屋敷も残り伝説も書き残されています。

※参考文献/福島の昔話と伝説(福島県教育委員会)・ふくしまの世間話(野沢謙治著)
※<>の地域は、その民話が語られている地域、または類似するお話が語られている地域です。
※表現している言葉に不適切な用語もございますが、民話のよさを尊重するためですので、ご了承ください。