6、伊達郡保原町
大塚の化粧塚【大泉字大塚の化粧塚と種蒔桜】

建武の頃、大塚に金巻某という豪族がいました。その娘が北畠顕公の侍女になりましたが、顕家は京に上り石津で戦死してしまったのです。公の死を聞いた侍女は悲しみの余り命を絶ってしまいました。父はその死をあわれみ、塚を築いて吉野桜を植え篤く菩提を弔ったそうです。この桜は慶長年間に枯れ、植え継がれて種蒔桜として親しまれています。
●参考文献
『保原町史』4民俗(保原町、1981)
※建武は1134年〜1136年
※種蒔桜とは稲の種蒔きをする目安にする桜で、花が咲き始める頃種を蒔く。
●アクセス
阿武隅急行線 おおいずみ駅から車で3分