8、伊達郡月館町
蛙の供養碑

上手渡の金石バス停のそばに宝暦9年建立の蛙の供養碑があります。3月末から4月にかけて毎年冬眠から覚めた何万ともしれない蛙が雌や雄を求めて集まり、入り乱れて合戦が行われたそうです。それはすさまじく、合戦後には死屍累々とし凄惨なありさまで、加持祈祷をしてもそれは続きました。怨霊のいたすところであろうと名主は土地の人と共に戦場の側の大石の上に碑を建て、懇ろに供養したところ、翌年から蛙合戦は止んだそうです。
●参考文献
『月館町伝承民話集』(月館町教育委員会、1974)
※宝暦9年は1759年
●アクセス
阿武隈急行 保原駅から車で40分