16、安達郡岩代町
日山ひやまの旭神社の由来【日山】

旭神社は大字田沢の日山にまつられています。檜山牛頭天王は冷泉天皇のとき源頼義が建立したと伝えています。康平5年安倍貞任を追討するとき尾張の津島から牛頭天王を銭櫃石のそばに勧請して天王山と名付けました。正慶2年には賊の墨虎すみとらが天王山の岩穴に隠れ住んでいるのを国司の北畠顕家と田村庄司の広橋経康に探索させたそうです。
●参考文献
『安達郡誌』(安達郡役所、1911)
※康平5年は1062年。
※正慶2年は北朝の元号で1333年
※津島の牛頭天王とは愛知県津島市にある津島神社のこと。
●アクセス
JR本宮駅から車で40分