26、石川郡平田村
蓬田岳【蓬田岳】

昔、蓬田岳に水鬼と風鬼という人面畜身の鬼が棲み、力を誇っていました。景行天皇の頃、日本武尊がこれを討とうとしました。これを知った水鬼は水を吐いて湖水にし、官軍は船で攻めようとしますが今度は風鬼が風を起こすので、船は転覆し石になりました。尊は生えているすげを刈って中に兵を隠し、ようやく山に到り、水を抜いて戦いました。尊の矢があたり水鬼は死に、風鬼も尊の配下の喜佐理に討たれました。七ヶ月もの長い戦いでした。
●参考文献
『福島県石川郡誌』(石川郡役所、1923)
●アクセス
JR磐城石川駅から車で30分