58、耶麻郡猪苗代町
磐梯明神【磐梯山】

昔、会津盆地に手長、足長という者がいました。これが嵐を起こし、雨を呼ぶので作物がとれず皆困り果てていました。これを聞いた弘法大師は手長、足長に会いました。「何でもできるなら小さくなって手のひらに乗って見せろ」というと、見る間に小さくなって弘法様の手のひらに乗ったので、用意しておいた石の箱に入れて蓋をし、呪文をかけて出られなくしました。人のために尽くせと諭して山頂に埋め磐梯明神としてまつったそうです。手長足長の伝説は会津地方には数多く聞かれます。
●参考文献
会津民俗研究会編『会津の伝説』(1973)
●アクセス
JR猪苗代駅から車で10分