63、大沼郡会津高田町
明神ヶ岳と博士山の背くらべ
【明神ヶ岳・博士山・倉かけ山遠望】

会津平の西に明神ヶ岳と博士山がそびえています。明神が里に近く信仰が明神にかたよるので博士山はおもしろくありません。そこで背比べを申し入れ勝った方が場所を交換することにしました。樋を両方の山に渡し水を流すと、博士山から明神へ流れました。悲観した明神は引っ越す時間をかせぎ、夜のうちに二つの山の間に大きな倉を建てました。結局倉がじゃまで引っ越せなくなり、審判の松沢山もあきらめました。その倉が倉かけ山です。
●参考文献
会津民俗研究会編『会津の伝説』(1973)・『磐城岩代の伝説』(1976)
●アクセス
JR会津高田駅から車で15〜30分