74、南会津郡南郷村
デイタンボウと蛍堂【唐倉山と山の石柱】

いつのことかわからないが、デイタンボウが大勢集まって唐倉山に石のお堂を作ろうと相談し、山口村台の黒岩山から大きな石柱を運ぶことにしました。山を一またぎに、せっせと石柱を運んでいましたが、怠け者のデイタンボウがいて運ぶのがいやになり、石の陰で鶏の鳴き声を出しました。するとデイタンボウたちは夜が明けるぞと思い、途中にして帰ってしまいました。唐倉山にはたくさんの石柱が残っていて蛍堂の石柱だと伝えています。
●参考文献
会津民俗研究会編『会津の伝説』(1973)・『磐城岩代の伝説』(1976)
※デイタンボウとは大人おおひとのこと。ダイタンボウとか手長足長などと同じ。
●アクセス
会津鉄道 会津田島駅から車で50分