76、いわき市
へそ石【江名のへそ石】

江名の永崎海岸竜ヶ崎の岩穴にあるへそ石は、人のへその形に似ているので名付けたそうです。この石を穴から取り出したところ、暴風雨になったのでもとにもどしたといいます。またこの石が見えなくなると嵐が起こるといい、赤飯などを供えるそうです。昔房州の人がこれを持ち帰ったところ疫病が流行したとか、房州の海岸に流れ寄ったのを藁を打つ石にしたところ病気になり、占ってもらい返したなどという言い伝えもあります。
●参考文献
『いわき市史』7民俗(いわき市、1972)
●アクセス
JRいわき駅から車で20分