78、相馬市
西行松、笈掛松【西行松、笈掛松】

西行松は尾浜にある松です。昔、西行法師がこの地に来て、この松の下に休み、景勝を眺望したので名付けられたといいます。また同じ尾浜に笈掛松と呼ばれる松があります。元和の頃、鈴木玄蕃げんばという人がここに来て笈をこの松に掛けて、地理を見て塩場を開いたために笈掛松と呼ばれるようになったといいます。
●参考文献
『相馬市史』3民俗・人物(相馬市、1975)
●アクセス
JR相馬駅から車で10分